• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリノックス【ネイルクリッパー】

ビクトリノックス ネイルクリッパー(爪切り)8.20 55.CB
クロームシルバー 59mm
爪切り/爪ヤスリ


人が出先で急に爪を切らなければならない状況って何だろう。色恋関係抜きで(笑)。

そういうことって、まあ一般的にはあんまり無いかもしれんのだけど、たとえば、医療・介護なんかの現場では結構「しまった伸び過ぎてた」てなことがありがちなんですよね。実感として。
あと、格闘技・球技・体操・陸上・水泳などアスリートの現場でも、爪切りってかなり重要なセルフメンテナンスケアかも。野球のピッチャーとか、爪のメンテナンスが選手生命に関わるって話しだし。ぶっちゃけ、俺が「時々やってる」ミュージシャンにとっても、爪のお手入れは必須です。

で、現場に爪切りのいいのがあればそれで無問題なんだけど、無ければ無いで、自分の場合はこれまでキーホルダーにぶら下げているビクトリノックスのツールナイフ=マネージャーライトに付属されているハサミとヤスリでなんとか対応していたわけです。ちょっと難しいというかテクニックが要るけど、これはこれで、慣れればかなり使えるものでありました。

この、ビクトリノックスのツールナイフ付属のハサミというのが、結構切れ味いいんだけど、やはり爪切り用途ということであれば使い慣れた爪切り=いわゆるネイルクリッパーの方がそりゃうまく切れる。特に現代日本人はもうこのタイプでなくては爪切れない人の方が多いでしょ。

なんだか知らないけど、戦後日本人って(特に昭和30年代~50年代にかけて)教育現場で「刃物恐怖症」に洗脳されてしまっているのね。わしらのオヤジやジイジの世代までは、それこそ肥後守みたいな小刀で鉛筆も爪も削っていたらしいのに。
侍ニッポン、確実にクオリティ落ちてます。

ちなみに昔の日本(江戸時代クオリティ)の爪切りバサミが、ハサミと言うよりはニッパーに近い形状で、これがものすごくイイんだけど、なんかものすごくお値段もイイんでございますよね。

だから、爪を切るという作業には、いわゆる我々がよく知る「爪切り=ネイルクリッパー」を用いるのが経済的にも使い勝手的にもいい、というか無難なわけですな。

あと、爪を切ったらヤスリがけもしたいわけですが、この爪用ヤスリ、できれば可能な限り目が細かい方が、仕上がりもなめらかでいいわけです。ビクトリノックスのクラシックSDとか、ランブラーなどミニシリーズに付いてる爪ヤスリもいいんだけど、介護なんかのデリケートな現場では、より細密なヤスリが欲されるわけですよ。

そういう意味でお薦めなのが今回のビクトリノックス・ネイルクリッパーであります。
ビkトリノックス ネイルクリッパー&58mmマネージャーライト
いわゆる今どきの100円ショップ(現時点で108円ショップですか)でも売っている「爪切りカス受け」が付いているタイプに比べるとかなり小さく、折りたたみ収納時のサイズが、同じビクトリノックスの58mmミニシリーズとほぼ同じで、厚みもたった5mm。ブレードレスやマネージャーライトなんかと一緒にキーホルダーに吊るしておいても特に邪魔にならない軽量かつシンプルな構造なのです。
ルックスはシルバーのクロームメッキ一色。エッチングでビクトリノックスのロゴが入っているだけという簡素なルックス。薄い板バネを上手に組み込んで、開閉時のロックを安定させている。

先述のように「カス受け」が付属していないので、使用する際は周囲の環境状況に配慮する必要がある。必ずゴミ箱の上で切る、とかね。

付属の爪ヤスリは本当になめらかに磨ける。
重量も軽いので、特に先述の58mmミニシリーズとの相性が抜群で、一緒にキーホルダーにぶら下げても邪魔にならない。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。