• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作したカホンに塗装を行う

「PAN打ホン!」のキットは側板、天板、底板の各表面に研磨加工が施してあるが、言い換えればそれだけだと白木の素のままだ。せめてニスぐらいは塗ってやりたい。
特にこのキットで使われている合板は、表面にはっきり木目の出ているものなので、これを活かした塗装を目指すことにする。

組立完了

用いるのは素人でも扱いやすい水性ウレタンニス。木の風合いを活かした仕上がりがお手軽に実現できる便利なものだ。

刷毛はホームセンターで手に入る安物で構わないが、より手軽さを追求するならスポンジブラシがいい。塗装の素人でもムラなくまんべんなく広い面を塗ることが出来る。毛羽が抜けて残る心配もないし、仕上がりもきれいだ。

水性ニスもスポンジブラシもホームセンターでまとめて購入できる。「PAN打ホン!ちび」の表面に塗るなら、ニスは130mlの小瓶で充分な量だ。三回以上塗り重ねても半分くらいしか消費しないで済む。これが大体1000円前後。スポンジブラシは150円程度のもの。受け皿・兼・筆洗いには100円程度でプラスチック製の塗料皿がやはりホームセンターで手に入る。もっともこれは要らなくなった食器や鍋、プラ容器などでいくらでも代用可能。

ニスの色味だが、これは結構迷う。木目を活かす以上、あまり濃すぎるのは野暮だし、かといって薄すぎても「塗った」感に乏しい。打面がすでにナチュラルクリアのニス仕上げがされているので、こことのコントラストも考え、エボニーやマホガニーまでは行かずとも、まあチークくらいでいいかな、というので今回のチョイスになった。

水性アクリルニスとスポンジブラシ&塗料カップ

塗装前には一旦打面を取り外した後、改めて側板全体にペーパーをかけ、水拭きしておく。少しでも滑らかな仕上がりのためだ。合板の接着部に隙間があれば、木工用エポキシパテで埋めておき、乾燥してからペーパーを掛けておく。いくら素人でも、このくらいの手間を惜しんでは良い物は作れない。

水拭きが乾いたらいよいよニスを塗る。とうぜん新聞紙を敷きたいところだが、最近はネットでニュースを購読するので新聞をとっておらず、家に古新聞というものが存在しない。だからわざわざこのためにコンビニで夕刊紙を購入した。まあ、これが今回唯一の無駄な出費かも。つくづく、広い工作室と作業台がある環境が羨ましい。

購入した水性ウレタンニスは乾燥時間90分と表記されているが、こんなもの、ヘアドライヤーでどんどん乾かしつつ各面を塗っていけばよっぽど速く済む。水性ニスとはいえ、別に水で薄める必要もなく、そのままどんどん塗り伸ばせるので作業は早い。半日もかからず完成。なかなかの出来だ。

完成!


楽器的により音の鳴りを追求するならば、箱の内面もしっかり塗装すべきだろう。今回はとりあえず側板・天板・底板の内面にニスを一度塗りしたのみだが、また隙を見て、もう少し厚塗りを重ねてやれば、いずれ小さいながらも「名器」の誉れ高き響きを奏でてくれるやもしれぬ。いや、マジでアコースティック打楽器は「育つ楽器」だから。




スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。