• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリノックス【スイスツール スピリット】

ビクトリノックスといえばスイスが世界に誇る天下無双のポケットツールナイフメーカーで、フォールディングナイフとしてのスタイルを基本コンセプトにしている。誰もが知る、赤いハンドルのポケットナイフ、日本で言うところの「十徳ナイフ」の元祖にして最高峰だ。同じ十徳ツール(マルチツール)としてはアメリカのレザーマンが出しているシリーズが両横綱で、こちらは折りたたみ式プライヤーがその基本スタイルだ。
どちらも優れた作品群で、我が国でもファンが多い。機能的にも、携帯性においても甲乙つけがたいが、材質と仕上げの精度において、若干ビクトリノックスが上回るか。

そのビクトリノックスが満を持して送り出したプライヤータイプのマルチツールが「スイスツール」シリーズだ。中でも使い勝手を重視して改良された「スピリット」は折りたたみ時の全長105mmと、実にコンパクトに収まっており、工具として用いる場合の安定感も申し分ない。
しかも24通り(ビクトリノックスが勘定に入れているランヤードホールや別売のコルク抜き取り付け部やパーツ用バネを除外しての数字)もの機能を有している。

ビクトリノックス スイスツール スピリット 3.0227 N スイスツール
ハンドル:ステンレススチール クロームシルバー 105mm
プライヤー/マイナスドライバー(2mm)/マイナスドライバー(3mm)/ワイヤーカッター/栓抜き/マイナスドライバー(6mm)/リフター&オープナー/波刃&直刃コンビネーションブレード/はさみ/金属ヤスリ/金属のこぎり/のこぎり/リーマー&パンチ/プラスドライバー(フィリップス型1+2)/のみ&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(縦切り)/ワイヤーベンダー/ワイヤーストリッパー&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(ラウンド)/缶切り/マルチフック/ハードワイヤーカッター/ロック解除ボタン/収納ケース//

同社のツールナイフ群とはっきり異なるのはトレードマークともいうべき赤い樹脂製ハンドルを潔く放棄し、ステンレスの金属感を全面的に押し出していること。「これは工具ですよ」と声高らかに宣言しているかのようだ。無論、レザーマン製品への対抗意識も大きいだろう。だが、さすがスイスの老舗だけあって、ビクトリノックス社のマルチツールはクロームメッキの鏡面仕上げもなめらかで、単なる工具というより工芸品のような美しさを持つ。

各種パーツ収納状態

すでにリリースされている「スイスツール」「スイスツールX」「スイスツールRS」からの大きな変更点は先ずそのハンドルサイズ。115mmの先行モデルたちより10mm短い105mmは、男性としてはかなり手の小さい自分でも掌にすっぽり収まる握りやすさ。そのコンパクトなハンドルに軽くアールが付けられているため、長時間の作業でも手が痛くなりにくい。もっとも、この形状のおかげで、それまで付いていたスケール(定規)の刻みが省かれることになったが、まあ、これは仕方あるまい。

手にとった感じはずしりと重い。ここもオフィサーナイフのシリーズと大きく異なる点だ。212gといえば同じビクトリノックスのニューソルジャーより80g以上重いことになる。それでも、同程度の工具類を工具箱に収納して持ち歩くことを考えればずいぶん手軽でフットワークに優れていることは言うまでもないだろう。

プライヤー展開状態 プライヤーのアップ

メインのプライヤーはさすがメインだけあって、一部のオフィサーナイフに付属していた可愛らしいものとは異なる、がっしりした本格的なものだ。レザーマンに対向する、というより、むしろビクトリノックスが上回っているのではと思える程、その精度は高い。ホームセンターで売られている安物とは雲泥の差。このプライヤーだけでも充分道具として持っている価値がある。

はさみ

はさみはオフィサーナイフやミニシリーズでも人気の機能だったが、薄い金属板を折り曲げただけのバネでは強度に若干不安があったことは否めない。その点このスピリットに搭載されているものは根本的に造りが異なり、むしろレザーマンのスクオートに付いているはさみのバネに近い。
プロ用本格工具としてだけでなく、日曜大工やアウトドアなどヘヴィデューティな要求にも充分耐えようというスピリットのコンセプトがここにも垣間見える。

コンビネーションブレード

ビクトリノックスのシンボルとも言えるブレード部だが、先輩シリーズがどれもペンブレードタイプだったのに比べ、スピリットではシープフットブレードを更に丸くしたような、ポイントを省いたデザインになっている。理髪店で使われているレザーの形をちょっと連想させられる。このブレード、先端から3分の2までがセレーション(波刃)、根元部分が直刃というコンビネーションブレードになっていて、刃渡りは59mm。切れ味は充分鋭く、それでいて安全性も高く、105mmのハンドルと合わせるとカッターナイフとしての使い勝手も良い。

このブレードをはじめとする各種ツールは、どれもハンドルを折りたたんだ状態から直接展開して使用することができる。わざわざプライヤーを開く必要がない。

安全装置

折りたたみに関するロック機構は全体にしっかりしている、というよりむしろ固い。だがこの固さが実際の使用時における安定感、安心感に繋がっているのも確かだ。採用されているスライドロックはハンドル末端に備えられた解除ボタンをスライドさせることで初めて展開されたツールを折りたたむことが可能となる。また、半分折りたたんでから完全にフォールドするまでの間に一度ひっかかりがあって、いきなりバチンと閉まらないようになっているのもいい。シンプルながらよく考えられた安全装置だ。リーマーやドライバーの使用時にがくりとツールが折れ曲がって怪我をする心配も無い。遊び心を超えて、着実に道具として機能する頼もしさがこのスピリットにはある。電気関係、IT関係、車両関係の多くのプロエンジニアが、スイスツールをサブツールとして常備しているのもうなづける。

これだけでも充分すごい「スイスツール スピリット」だが、さらに交換ビットやラチェットレンチ、オフィサーでもおなじみコルク抜き、メガネドライバーなどを加えた「スイスツール スピリット プラス」がリリースされている。電気関係などプロエンジニアの方々に大評判と聞くが、自分の利用範囲ではこれだけでも充分なので、結局スピリットに落ち着いた次第。

専用ナイロンケース

なお、スイスツールのシリーズにはもれなく、ベルト通しの付いたジャストサイズのナイロンケースが付属しており、こういうところもポイントが高い。

ただ、このランヤード・ホールなんだけど、この位置にランヤード結ぶとすげー邪魔にならない?こいつの設計意図だけが謎。誰か知ってる人、使い方教えてください。






スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。