• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラのケース

ポメラの筐体はしっかりしていて、強度もなかなかのものだ。質感についても実に高級感がある。大きさは文庫本よりやや大きめ。ポケットに入れるにはデカいが、バッグに入れても邪魔にならないサイズ。

そんなポメラにケースは必要か、というと、まあぶっちゃけ在っても無くてもいいと思う。
バッグから取り出してすぐ書き始める、というコンセプトに照らせば、バッグには裸で入れておくべきだろうとは思う。ノートPCや携帯電話をわざわざケースに入れてからバッグにしまう人が少ないのと同じだ。
しかしたとえば、オフィスの自分の席からポメラだけ持って会議室のブレストに参加するとか、昼休みに近所の喫茶店でブログのアイデアをメモる、といったようなシチュエーションでは、わざわざバッグごと持ち運ぶより、何か適当なケースに入れて行くという使い方も充分有りだろう。

ポメラを万年筆やボールペン&メモパッドであると考えれば、ポメラ専用ケースはペンケース、筆入れに相当すると言えば分かりやすい。

ポメラDM10のために用意された専用ケースには、革製ケースDMC1・ソフトケースDMC2・セミハードケースDMC4が存在する。このうちもっとも大げさでなく、本体にフィットしていてかさばらないのが革製ケースDMC1だろう。革製とは言っても、オール皮革ではなく、ナイロンのブックカバーのような簡単なケースの、背面と蓋部分に革製シートが貼ってあるという体裁だ。サイズ的にはコンサイスの英和辞典を一回り大きくした程度で、持ち運びには何ら問題なし。
ポメラ自体がちょっと厚めの文庫本サイズだから、このケースに入れると、丁度、京極夏彦の文庫版くらいのサイズになる。まあ、片手で持てるギリギリサイズだね。
全体の色は黒。蓋部分のふちには赤のレザーが貼られている。シンプルで格好いいデザインである。こういうのを見るとつい欲しくなるタチなので、結局ケースもネットで購入してしまったのだった。

さて、ポメラ専用ケースを扱っているネットショップのレビューを見ると、実に多くのユーザーが「ポメラの革ケースDMC1は臭い」と文句を述べておられる。
このケースに用いられている革が「リサイクルレザー」という材質であることも関係しているのか。前後するが、届けられたケースに「本製品はリサイクルレザーを使用しています。そのため独特のニオイがいたします」なるお断りがはさまっていた。ずいぶん苦情があったのだろうな。

リサイクルレザーというのは「革製品の加工工程で出た廃材となる革チップを再加工したレザーシート」だということだ。再生紙とかチョップ肉とかそういった感じだろうか。

俺はどちらかというと、そういった匂いは嫌じゃない方で、むしろ革の匂いには好感を持つ。というかむしろトキメク。どれだけ臭いのが届くのかとわくわくしながら待っていたら(どういう匂いフェチか)何のことはない、きわめて普通の革製品の匂いだった。
ソムリエ風にたとえるなら「愛らしい少女の背中で揺れる新品のランドセルの薫り」みたいな。
これが嫌なら革ジャンも着れないし革靴も履けない。革の財布も使えないということになってしまう。
オーケー、問題なし。

ゴムのベルトで留める形式の蓋についても、ちゃちいと文句を言う人が多いようだが、すぐ取り出してすぐ書くためのケースと考えれば、これはよく考えたものだと思う。
また、このゴムのベルトが「これはあくまで文具です」と主張しているようでもあり微笑ましい。

ポスト・イットノートは確かにあまり意味があるとは思えない。こういうおまけをつけるのなら、キーボードのショートカットキーの一覧でも付録に付けて欲しかったところだ。

総じてこのポメラDM10専用革ケースDMC1はスタイリッシュで使いやすく、買って正解。ポメラのマニュアルブックや会議資料やその他を一緒に携帯したい向きには、ちゃんとしたポケットのあるソフトケースかセミハードケースの方をお勧めする。DMC1のポケット(ポスト・イットノートが挟まっていたポケット)はサイズが小さく、名刺程度しか入らない。なのでとりあえず、ポメラのショートカット一覧をマニュアルからコピーして挟んでいる。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。