• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE

鑑賞日:2月某日 あべのアポロシネマ
2013年 東宝/だぶるいーぐる/トムス・エンタテインメント/日本テレビ/読売テレビ/製作委員会
原作:モンキー・パンチ/青山剛昌
監督:亀垣一
脚本:前川淳
キャラクターデザイン・総作画監督:平山智/須藤昌朋
音楽:大野雄二/大野克夫

ルパン三世:栗田寛一
次元大介:小林清志
石川五エ門:浪川大輔
峰不二子:沢城みゆき
銭形警部:山寺宏一
江戸川コナン:高山みなみ
毛利蘭:山崎和佳奈
毛利小五郎:小山力也
鈴木園子:松井菜桜子
阿笠博士:緒方賢一
灰原哀:林原めぐみ
ジェイムズ・ブラック:家弓家正
ジョディ・スターリング:一城みゆ希
中森銀三:石塚運昇
怪盗キッド:山口勝平
キース・ダン・スティンガー;緑川光
キング:三浦知良
マスター:八奈見乗児
エミリオ・バレッティ:入野自由
クラウディア・ベルッチ:夏菜
アラン・スミシー:内野聖陽

TVスペシャルでも話題になったコラボ作品の続編ストーリー的位置付け。とにかくオモロイ。
本来相容れない全く異なったキャラクター設定のはずが、たまたま両作品のTVアニメシリーズを手掛けたのが同じトムス(旧東京ムービー)であり、配給元も製作媒体も同じ東宝系列で日本テレビ系列であったという幸せな偶然によってこそ実現した作品。普通こういうことは同人誌の世界にしかありえない。それだけに貴重な作品だと思う。
とにかく作画スタッフがお互いをうまく融合させるように頑張っていて、結果的に何の違和感もなく両作品が共存する夢の世界を実現していた。

ただ、こういうのを任される監督にしてもシナリオライターにしても、相当なプレッシャーなんだろうなと察する。すべてのキャラに、そのキャラに見合った見せ場を配しつつ、ストーリー的破綻は極力避けねばならない。
これって言うは易し行うは難し、なのだよ実際。そこをこのスタッフは見事に乗り切っている。
問題は編集の部分で、若干「間延び感」があったことは否めない。要するに、ちとテンポ悪いね。そこがちょいと惜しい。ひょっとしたら日テレ金曜ロードショウで放映するときのリズムがベストになるかも?(笑)
これって、TVスペシャルの時に比べると、今回ルパンサイドの表現に特化していたというのが大きいのかも。それで若干大人向けの展開になっている部分はあるかも。つまり、お子さんには多少解り難いストーリー展開かも、ということ。

けど概ね評価としてはマル。二重丸あげてもいいと思う。これはアニメにおける007映画みたいな、ゴージャスな雰囲気。ストーリー自体のよく練られた面白さもさることながら、声優陣のがんばりも特筆すべき。
両タイトルにおけるレギュラー陣はもとより、ゲストの内野聖陽、夏菜も頑張っている。意外にうまいねこの二人。
ルパン関係で言うと、クリカンに関しては、もう総てのルパンフリークが完全に認めていると思うけど、彼は完璧。クリント・イーストウッド他の山田さんのレパートリーはちょっとアレかもしれないけど、少なくともルパンの表現に関しては完全に受け継いだ。ブライトさんを鈴置洋行さんから引き継いだ成田剣みたいな立ち位置か。
銭形のとっつぁんを引き継いだヤマちゃんに関しては、これはもう最初から偉大なる納谷さんをまねる気が無いのだと思うし、ちゃんとヤマちゃんのとっつぁんになっていると思う。
不二子の沢城みゆきも、五エ門の浪川大輔についてもそれは同様。とにかくみんなハマっている。
一方コナン組では、いろいろ意見の多かった小五郎のおっちゃん、小山力也氏について、これはもう慣れたから全然問題なし。元々うまい人だし、硬軟演じることの出来るベストキャスティングだと思う。本当に、ファンとしてはいろいろ言いたいけど、もうそれは仕方ないよね。
あと、三浦キング・カズがゲストで出演しているが、言われなきゃ判らないくらい普通に声優している。うまい。びっくりしました。さすがキング・カズ。

ちなみに、内野聖陽が演じていたキャラ「アラン・スミシー」は、かつてハリウッドにおいて、様々な理由で監督が実名を出せないとき、クレジットに掲げられていた架空の人物を指し、日本語で言うなら「名無しの権兵衛」的意味合い。そういうとこもルパン・テイストで洒落ている。

動画も頑張っていたね。よく動いていた。劇場作品のアニメでは、このくらい動いてくれないと見応えが無い。
パンフを見ると、カーチェイスシーンはCG使わず手描き作画とのこと。それって立派というか、いまどきすごい。ここは一見の価値あり。
あと、TVスペシャルでもそうだったけど、ルパンとコナンの音楽担当のダブル大野(血の繋がりなし)のコラボがすごいよね。結構鳥肌もの。

見せ場というか、やっぱり楽しかったのはコナンと次元パパの絡みかな。これだけでも充分笑える。

DVD観る時は、とりあえずTVスペシャルから観ておさらいしておくと、より楽しい。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。