• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オピネル【No.9】

アウトドア向けの調理用ナイフが必要になって手に入れたブツ。
オピネルNo9(カーボン)

オピネル No.9 カーボン フォールディングナイフ
ハンドル:天然木 ハンドル長:115mm
ブレード:炭素鋼 刃渡:90mm

キャンプやハイキングに持っていく包丁ってどうしてます?
自分の場合、台所用の包丁を新聞紙でくるんで、それをまたタオルでくるんで、リュックの中の荷物と荷物の間に埋め込んで、という具合に万全を期すわけだけど、それでも行き帰りの交通機関の人ごみの中で荷物を突き破って出て来たらどうしようか、と気が気ではなかった。

まあそういうストレスと無縁なのがスイス・アーミーナイフのようなフォールディングナイフなわけだけど、あちらはあくまでポケットナイフであって、いかに切れ味が良くともメインの調理器具としてはやや小さい。「キャンパー」のラージブレードで刃渡り60mm。「ティンカー」になると55mmしかない。せいぜいチーズやソーセージを切り分けたりといったところだろう。もうちょっと本格的かつ安全に肉や魚や果物をカットするにはそれなりの刃渡りが必要になってくる。

オピネルはおフランスの大衆向けフォールディングナイフ。「フランスの肥後守」とか呼ばれることもあるようだが、こちらは工作向けというよりあくまで調理用ナイフだ。金属製のリングストッパーが付いていて、不用意にブレードが開閉しないようになっているところも肥後守とは設計思想が根本的に異なる。

ハンドルは天然木。まあ、ブナなどの安くて軽い材質だ。加工もし易いのでネームを掘ったりランヤード用の穴を開けたりも可能だ。

ブレードはカーボンスチール。切れ味が落ちても簡単に研げる。研げば恐ろしく鋭利になる。ただし錆びやすい。使ったら必ず洗う。洗ったらしっかり乾かす。まあ、ダメになっても元が安いのでそれほど苦にならない。むしろ肥後守同様、ナイフの使い方と研ぎの練習にガンガン使ってやればいいだろう。錆びを気にせず気楽に使えるステンレスブレードの物も出ている。

オピネルの製品についている番号(俺が購入したのはNo.9)はサイズを表している。数字が小さくなるほどナイフも小さく、大きくなればサイズも大きくなる。No.9は使い勝手と利用範囲の広さのバランスが最もいいと俺などは思うが、No.8の方が使えるという人も実際には多い。好みと使い道なんだろうが、俺の場合、小さいのはスイス・アーミーナイフがあるから、というのもあるんだよねー。

おフランスではオピネルなんて生活雑器の感覚らしく、一人暮らしの貧乏学生とか貧乏留学生の持つものというイメージらしい。日本だけなのかな、オピネルがこんなに人気高いのって。

山道具としてはツールナイフ派と、オピネルで大中小揃えて工具はレザーマン、という派があるみたいですな。俺的には、たとえばメインブレード(調理用)にオピネルのNo.9ないし10。サブツールとしてビクトリノックスのソルジャーかファーマー。鉈とかそういうのは、多分必要ないフィールドでウロウロしてるんだと思う。

いずれにせよ、オピネル・カーボンのシリーズは使い込んでこそ味が出るお道具だと思う。
研ぎと錆びが面倒なら同じサイズでステンレスのシリーズも充実していることだし。気楽に使うのがオピネルなんだと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。