• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリノックス【ソルジャーナイフ】

現住所に引っ越して来る少し前に入手。その更に少し前に入手したレザーマンと合わせて、引越では大活躍してくれたブツ。このソルジャーは2008年にスイス陸軍制式採用となったモデルだ。ウェンガー社がすでに傘下に吸収されてしまっているため、ビクトリノックスの一社独占採用というわけだ。
スイス陸軍新制式ナイフ・ソルジャー

ビクトリノックス ソルジャー(新) 0.8461.MWCH ライナーロックブレード
2008年スイス陸軍制式採用モデル
ハンドル:ナイロン オリーブグリーン ハンドル長:111mm
セレーションブレード(大)/プラスドライバー/ノコギリ/マイナスドライバー(大)・ワイヤーストリッパー・栓抜き/マイナスドライバー(小)・缶切り/リーマー//

まずハンドルのホールド感が抜群。梨地のナイロンハンドルなのだが、形状と滑り止めのおかげでしっくり確実にホールド出来る。ロゴはいつものビクトリノックス社章ではく、スイス陸軍の紋章が刻印されている。
重量131gは案外苦にならない。加えて各ツールがオフィサーに比べ頑丈に出来ているので、仕事や野外活動に遠慮なく使い倒せる。まさにヘビーデューティ。

大型のブレードは先端から2/3が波刃、いわゆるセレーションブレード。根元の1/3が直刃となっている。これがかなり実用的でよく考えられている。先に入手していた、同じビクトリノックスのデュアルシャープナーを使えば、波刃のタッチアップもさほど難しくはない。
さらにビクトリノックス製品では初のサムホールが付く。普段使いでは普通に開閉すれば済むが、片手がふさがっていてどうしてもナイフを開かねばならない緊急時、親指一本でブレードを開く事が可能。サムホールは大き目なので手袋をしていても使える。このあたりもアウトドアユースを考慮しての仕様か。
また、マイナスドライバ(大)とメインブレードにはライナーロックが付いている。利用時に誤って折れ戻る心配が無く、安全に作業が出来る。閉じるときは「press」と刻印されたプレート状のロックを押し下げながら閉じる…のであるが、メインブレードのロックが刃の内側に付いているため、慎重に扱わないと怪我をする。ここだけは改良の余地あり。もっとも、実際にアウトドアや軍隊で使用する際はグローブを着用しているのだろうし、問題ないのかも知れないが。

引越では組み立て家具の分解・組上げに、こいつのプラスドライバが実に役立った。段ボールの荷解きではナイフより缶切りやリーマーが役立つ。大小のマイナスドライバも随所で存在感を発揮した。
まだ電気の来ていない部屋で、LEDランタンを灯して一人酒盛りをする夜、待ってましたと大ぶりのブレードが主役を張る。これはやはり「山道具」として使えるブツだ。さすがスイス陸軍が共同開発にあたっただけはある。
栓抜きはマルチフックとしても使えるし、レトルトパウチの食品を湯煎する際は、パウチのコーナーにリーマーで穴を穿ち、温まったらプラスドライバでひっかけて取り出す。せっかく沸かした湯が無駄にならない。


スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。