• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして、どうなんだろう

気が付いたら年が明けてました。(もうすぐ二月だわな)
暮れから新年にかけて、贔屓の勘三郎さんが亡くなったり、大阪の市立高校でいたましい事件が起こったり、大島渚監督が亡くなったり、新型ジャンボはまるで頼りにならなかったり、ナイジェリアでは言語道断の事態が発生したり、半島や大陸の方々はあいかわらずだったり、もう、なんか大変ですよね。

こういう状況で、おめでとうって心から言えるのか。

なんて思いつつ、先日たまたま家にいて、見るともなしにNHK観ておりましたら、歌会始というのを中継しておりまして。

まあ、そういうのを例年やっておられるというのは知っておったのですが、具体的にどういう運びで行われるのか知らなかったものだから、へぇ~、と見入ってしまったのでした。

史上最年少タイの中学生の少年の歌に思わずほっこりさせられたり、故郷をめちゃくちゃにされてしまったおじさんの痛切な歌に思わずほろりとさせられたりしているうちに、今上陛下の御製となったわけです。

万座毛に昔をしのび巡り行けば彼方恩納岳さやに立ちたり

我が国の天皇も、英国と同じく「君臨すれども統治せず」であり、いや、それよりももっと発言力の無い「象徴」でしかないわけですから、この御歌には何の政治的意見も表立っては込められていないわけですが、それでもここには陛下の痛切な御心がこめられているように感じられたわけです。

願わくば今年こそ、本当に今年こそ、穏やかで平和な日本に立ち返るべく、政治家の諸先生方は粉骨砕身頑張って頂きたいものであるなあと。投票した甲斐があったなあと。思わせてくださいな頼むからよ。

そういえば、歌を唱和するリードボーカル(披講所のうち、発声という役職だそうな)の人が俳優の堀内正美氏にそっくりだった件と、列席者の中に細川護煕元首相にそっくりな人がいた件がすごーく気になりました。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。