• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海洋堂【リボルテックダンボー;RENEWAL PACKAGE BOX】

今回も箱だけど、楽器じゃなくておもちゃ。木箱じゃなくてダンボール箱(のおもちゃだから実際には樹脂製)。

Amazonで出品されているのを見て、脊髄反射でクリック!(笑)

あずまきよひこの人気コミック「よつばと!」に登場する、ダンボール製ロボット着ぐるみ「ダンボー」を忠実に関節可動フィギュアとして再現した、あの海洋堂の作品。
しばらく絶版になっていたのが、パッケージをリニューアルして再発になった。中身はオリジナルそのままのクオリティの高さ。
リボルテックダンボー ノーマル仕様

原型制作は海洋堂その他で活躍のカリスマ造形師=榎木ともひで氏。細部にこだわり抜いた造りがファンの萌え心を撃ちぬいてくれる。約130mm程の手頃な大きさで、デスクトップや本棚に置いてもじゃまにならない、どころか、ついついそっちに目が行ってしまう。癒やし度高い。これほんと。

ダンボー うしろ
たとえばこの後姿の写真で判るかと思うが、いかにもダンボールでこさえた感丸出しの頭部のへこみの再現だったり、各辺におけるダンボールの断面だったり、接合部や折り目の表現だったり「ああこれなら確かに小学生が夏休みの宿題工作で作れるかも」なシンプルかつリアルな造形はもうひたすら素晴らしいの一語に尽きる。

いわゆるリボルテックシリーズの関節可動フィギュアであるから、頭部や手足が「あくまでダンボールの着ぐるみの範囲で」ポージングできる。このちょっとした、ある種不器用そうなしぐさにまた萌える。それだけではない。
みうらちゃんバージョン
オリジナル・ノーマル仕様のダンボーには、なんと「みうらちゃん(原作におけるダンボーの中の人)」の頭部が付いていて、差し替えることが可能なのだ。さらにさらに!
目玉発光ギミック
原作通り、頭部横のスイッチ(縮尺を考えて、実に小さなスイッチ)で目玉も光るよ!
目玉発光ギミックにはLR44型のボタン電池2個を使用する。デフォルトでテスト用電池がセットされているけど、予備電池はコンビニでも入手可能。無ければ通販でまとめ買いもよし。

同じ海洋堂からはサイズダウンした「ダンボー・ミニ」もラインナップされていて、これにはみうらちゃんの頭は付いてないけど、これはこれですごく可愛い。目玉の電池もちょっと小さくなってLR41を使用する。

また、ダンボールの箱でこさえた、という設定を活かして、各種企業とのコラボレーション・モデルもいろいろ展開されているようだ。ゆうパックとか、そういうのいろいろ。
中でもAmazonの配送用ダンボールをイメージしたモデルが秀逸!
親子ダンボー
オリジナルのノーマル・ダンボーとダンボーミニの身長差はこんな感じ。写真のミニはAmazonバージョン。パッケージまでがAmazon配送用のダンボール箱になっていて、思わずほくそ笑む。予備の関節パーツとか、電池とかを収納できる、Amazonボックス仕様のリボコンテナがおまけについてます。

今回の写真をつくるとき発見したが、パソコンの壁紙をバックに撮ると、ちょうどリアプロジェクションのような効果が出て、スマホのカメラでもなかなか素敵な情景写真になるのだね。もう少し画角とか工夫したら、面白いものが撮れるかも。






スポンサーサイト
プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。