• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自作したカホンに塗装を行う

「PAN打ホン!」のキットは側板、天板、底板の各表面に研磨加工が施してあるが、言い換えればそれだけだと白木の素のままだ。せめてニスぐらいは塗ってやりたい。
特にこのキットで使われている合板は、表面にはっきり木目の出ているものなので、これを活かした塗装を目指すことにする。

組立完了

用いるのは素人でも扱いやすい水性ウレタンニス。木の風合いを活かした仕上がりがお手軽に実現できる便利なものだ。

刷毛はホームセンターで手に入る安物で構わないが、より手軽さを追求するならスポンジブラシがいい。塗装の素人でもムラなくまんべんなく広い面を塗ることが出来る。毛羽が抜けて残る心配もないし、仕上がりもきれいだ。

水性ニスもスポンジブラシもホームセンターでまとめて購入できる。「PAN打ホン!ちび」の表面に塗るなら、ニスは130mlの小瓶で充分な量だ。三回以上塗り重ねても半分くらいしか消費しないで済む。これが大体1000円前後。スポンジブラシは150円程度のもの。受け皿・兼・筆洗いには100円程度でプラスチック製の塗料皿がやはりホームセンターで手に入る。もっともこれは要らなくなった食器や鍋、プラ容器などでいくらでも代用可能。

ニスの色味だが、これは結構迷う。木目を活かす以上、あまり濃すぎるのは野暮だし、かといって薄すぎても「塗った」感に乏しい。打面がすでにナチュラルクリアのニス仕上げがされているので、こことのコントラストも考え、エボニーやマホガニーまでは行かずとも、まあチークくらいでいいかな、というので今回のチョイスになった。

水性アクリルニスとスポンジブラシ&塗料カップ

塗装前には一旦打面を取り外した後、改めて側板全体にペーパーをかけ、水拭きしておく。少しでも滑らかな仕上がりのためだ。合板の接着部に隙間があれば、木工用エポキシパテで埋めておき、乾燥してからペーパーを掛けておく。いくら素人でも、このくらいの手間を惜しんでは良い物は作れない。

水拭きが乾いたらいよいよニスを塗る。とうぜん新聞紙を敷きたいところだが、最近はネットでニュースを購読するので新聞をとっておらず、家に古新聞というものが存在しない。だからわざわざこのためにコンビニで夕刊紙を購入した。まあ、これが今回唯一の無駄な出費かも。つくづく、広い工作室と作業台がある環境が羨ましい。

購入した水性ウレタンニスは乾燥時間90分と表記されているが、こんなもの、ヘアドライヤーでどんどん乾かしつつ各面を塗っていけばよっぽど速く済む。水性ニスとはいえ、別に水で薄める必要もなく、そのままどんどん塗り伸ばせるので作業は早い。半日もかからず完成。なかなかの出来だ。

完成!


楽器的により音の鳴りを追求するならば、箱の内面もしっかり塗装すべきだろう。今回はとりあえず側板・天板・底板の内面にニスを一度塗りしたのみだが、また隙を見て、もう少し厚塗りを重ねてやれば、いずれ小さいながらも「名器」の誉れ高き響きを奏でてくれるやもしれぬ。いや、マジでアコースティック打楽器は「育つ楽器」だから。




スポンサーサイト

カホンの構造を自作キットで学ぶ

構造も何も、前にも書いたがこれはただの木箱だ。「cajon」=スペイン語で「箱」だ。アフリカから新大陸に連行されてきた黒人奴隷たちが、暴動を恐れた白人たちに、通信手段ともなりうる太鼓を取り上げられ、仕方なくタンスの引き出しや荷物の空き箱なんかを叩いていたのがルーツとされる…だけあって、他の打楽器より遥かにシンプルな構造である。

もっとも長い間に、箱は箱なりにいい音が鳴るよう工夫が重ねられてきた。それが今日のカホンの形である。

具体的には厚板(湿気などによる変形に強いので合板が多く用いられる)を底面と座面、側面に使い、打面のみ多少弾力に富み響きを得やすい薄板(これも合板のベニヤなどが多い)を張る。完全に密閉された箱にしてしまうと音の抜けが悪いので、側面の一部(普通は打面の反対側)にサウンドホールを開ける。

これだけでもう、ボンゴやコンガやタムタムの代用として充分以上に鳴ってくれるのだが、さらに一工夫して、打面の内側に鈴やギター弦、あるいはスネアドラム用響き線を仕込むことで、独特のバズ音(ビシャッ、というかバシャッというか、そういう音)が得られる。叩き方によってはスネアドラムのような音にもなる。

元々シンプルな楽器で、自作するにもヴァイオリンやギターや、あるいは本格的ドラムセットのようなテクニックも専用工具も必要としないので、DIY気分でカホンを作って楽しむ人も増えているようだ。また、そういう人向けに、自作用カホン組み立てキットが通販で入手できたりする。大手メーカーではマイネルのものが有名だ。

今回購入したのは大阪・十三(じゅうそうと読む)のカホン自作キット専門の楽器屋さん「PAN 打 Music」から出ている「PAN打ホン!組み立てキット」の姉妹品で「PAN打ホン!ちび」というやつ。
普通の「PAN打ホン!」が一般的カホンのサイズ(300×300×470mm)なのに対して225×225×250mmという、ほぼ立方体に近いミニサイズのカホンだ。

キット内容は底面、天面、側面×2(一枚にはサウンドホール開口済)、打面×2の各板材と、バズ音を出すための響き線、響き線を底板に固定するための三角桟、木ねじ、木工用ボンド、紙やすり、など至れりつくせり。
パーツ板材

板材の加工は全部済んでいて、打面にはニス塗り加工まで施してある。
サウンドホールの開いた側板ニス仕上げ済の打面

ドライバー(#2が適当)さえ用意すれば誰でもすぐにカホンが自作できる。箱のラベルには「組み立て対象年令六歳以上」と書いてあるから、まあいくら俺でも大丈夫だろう。

この「PAN打ホン!ちび」が面白いのは、打面が2面付いていて、片方には響き線が付くが、もう片方は何もないシンプルな打面であること。
つまり、片面ではスネアのように鳴らすことが可能であると同時に、もう片面を利用してキューバ式の「ボンゴカホン」としても機能するということだ。

スナッピーはカットされている
このようにスナッピーは途中でカットされていて、打面の裏側にワイヤーが数本(この場合は16本)もたれかかるように触れることになる。スナッピーワイヤーの当たり方を調整すればバズ音の具合も好みでコントロール出来るわけだ。

実際の組み立てでは、まず桟に固定したスナッピー(響き線)を底面に取り付け、この底面に側板を木工ボンドで接着して立てる。次に両側板の上縁に木工ボンドを塗布し、天板を接着し固定する。

仮組

すでにカホン組み立ての九合目までは登った。

ただ、この側板を底面に立てて天板を載せるというのが実に難しい作業で、接着剤だけで箱を組むのは至難の業だ。板の縦横、上下、表裏にも気を配り縁がずれないよう丁寧に組まねばならない。
バイスとかクランプとかの付属した、ちゃんとした作業台があれば、遥かに簡単に組めるはず。
うちの場合はそういう専門道具が無いので、平らなテーブルの上に新聞紙を敷いて、慎重に組んだ上から、書籍類を重石にして、接着剤が乾くまで1時間放置した。それでも多少の歪みやズレは生じるので、そこはそのうち暇を見てペーパーがけしてやることにする。

打面を取り付ける
大枠が乾いたら前後の打面をネジ止めしていく。なるべくはみ出さないよう、ヘリを合わせ、対角線に締める。もっとも、もとが歪んでいればどうしてもヘリがはみ出す。まあ、これも手作りの味的なアレだと開き直ることにする。

組立完了
二時間もしないで完成してしまった。
後ろにあるのが普通サイズのカホン。その大きさの違いがよく判ると思う。

さっそく試奏してみると、なるほどこれは確かにボンゴでありタムタムだ。中音から高音にかけて、柔らかみと温かみのあるサウンドが心地よい。
スナッピーを仕込んである方の打面も、ちゃんとしたバズ音が鳴る。安価な割に、良い材料を使ってくれているので、側面や天面も結構いい音で鳴ってくれる。

キットには一応フェルト製の「足」が付属している。子供が座って演奏するためのものなのだろうし、ボンゴカホンとして膝に抱えて演奏するだけなら特に必要も無いものだが、実は箱として結構強度が良いので、大人が座って演奏することも可能なのだね、この「PAN打ホン!ちび」は。だからまあどうせなら本格的に家具用のゴム足を着けてやればいいかも、と思う。いずれホームセンターで入手して実行しよう。

これだけでも充分満足できるけど、せっかく自作しているのだから、もうひと手間かけて、側面に塗装を施すのも楽しい。このキットは打面以外、素の白木合板なので、好きな色に塗ることが可能なのだ。




ビクトリノックス【スイスツール スピリット】

ビクトリノックスといえばスイスが世界に誇る天下無双のポケットツールナイフメーカーで、フォールディングナイフとしてのスタイルを基本コンセプトにしている。誰もが知る、赤いハンドルのポケットナイフ、日本で言うところの「十徳ナイフ」の元祖にして最高峰だ。同じ十徳ツール(マルチツール)としてはアメリカのレザーマンが出しているシリーズが両横綱で、こちらは折りたたみ式プライヤーがその基本スタイルだ。
どちらも優れた作品群で、我が国でもファンが多い。機能的にも、携帯性においても甲乙つけがたいが、材質と仕上げの精度において、若干ビクトリノックスが上回るか。

そのビクトリノックスが満を持して送り出したプライヤータイプのマルチツールが「スイスツール」シリーズだ。中でも使い勝手を重視して改良された「スピリット」は折りたたみ時の全長105mmと、実にコンパクトに収まっており、工具として用いる場合の安定感も申し分ない。
しかも24通り(ビクトリノックスが勘定に入れているランヤードホールや別売のコルク抜き取り付け部やパーツ用バネを除外しての数字)もの機能を有している。

ビクトリノックス スイスツール スピリット 3.0227 N スイスツール
ハンドル:ステンレススチール クロームシルバー 105mm
プライヤー/マイナスドライバー(2mm)/マイナスドライバー(3mm)/ワイヤーカッター/栓抜き/マイナスドライバー(6mm)/リフター&オープナー/波刃&直刃コンビネーションブレード/はさみ/金属ヤスリ/金属のこぎり/のこぎり/リーマー&パンチ/プラスドライバー(フィリップス型1+2)/のみ&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(縦切り)/ワイヤーベンダー/ワイヤーストリッパー&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(ラウンド)/缶切り/マルチフック/ハードワイヤーカッター/ロック解除ボタン/収納ケース//

同社のツールナイフ群とはっきり異なるのはトレードマークともいうべき赤い樹脂製ハンドルを潔く放棄し、ステンレスの金属感を全面的に押し出していること。「これは工具ですよ」と声高らかに宣言しているかのようだ。無論、レザーマン製品への対抗意識も大きいだろう。だが、さすがスイスの老舗だけあって、ビクトリノックス社のマルチツールはクロームメッキの鏡面仕上げもなめらかで、単なる工具というより工芸品のような美しさを持つ。

各種パーツ収納状態

すでにリリースされている「スイスツール」「スイスツールX」「スイスツールRS」からの大きな変更点は先ずそのハンドルサイズ。115mmの先行モデルたちより10mm短い105mmは、男性としてはかなり手の小さい自分でも掌にすっぽり収まる握りやすさ。そのコンパクトなハンドルに軽くアールが付けられているため、長時間の作業でも手が痛くなりにくい。もっとも、この形状のおかげで、それまで付いていたスケール(定規)の刻みが省かれることになったが、まあ、これは仕方あるまい。

手にとった感じはずしりと重い。ここもオフィサーナイフのシリーズと大きく異なる点だ。212gといえば同じビクトリノックスのニューソルジャーより80g以上重いことになる。それでも、同程度の工具類を工具箱に収納して持ち歩くことを考えればずいぶん手軽でフットワークに優れていることは言うまでもないだろう。

プライヤー展開状態 プライヤーのアップ

メインのプライヤーはさすがメインだけあって、一部のオフィサーナイフに付属していた可愛らしいものとは異なる、がっしりした本格的なものだ。レザーマンに対向する、というより、むしろビクトリノックスが上回っているのではと思える程、その精度は高い。ホームセンターで売られている安物とは雲泥の差。このプライヤーだけでも充分道具として持っている価値がある。

はさみ

はさみはオフィサーナイフやミニシリーズでも人気の機能だったが、薄い金属板を折り曲げただけのバネでは強度に若干不安があったことは否めない。その点このスピリットに搭載されているものは根本的に造りが異なり、むしろレザーマンのスクオートに付いているはさみのバネに近い。
プロ用本格工具としてだけでなく、日曜大工やアウトドアなどヘヴィデューティな要求にも充分耐えようというスピリットのコンセプトがここにも垣間見える。

コンビネーションブレード

ビクトリノックスのシンボルとも言えるブレード部だが、先輩シリーズがどれもペンブレードタイプだったのに比べ、スピリットではシープフットブレードを更に丸くしたような、ポイントを省いたデザインになっている。理髪店で使われているレザーの形をちょっと連想させられる。このブレード、先端から3分の2までがセレーション(波刃)、根元部分が直刃というコンビネーションブレードになっていて、刃渡りは59mm。切れ味は充分鋭く、それでいて安全性も高く、105mmのハンドルと合わせるとカッターナイフとしての使い勝手も良い。

このブレードをはじめとする各種ツールは、どれもハンドルを折りたたんだ状態から直接展開して使用することができる。わざわざプライヤーを開く必要がない。

安全装置

折りたたみに関するロック機構は全体にしっかりしている、というよりむしろ固い。だがこの固さが実際の使用時における安定感、安心感に繋がっているのも確かだ。採用されているスライドロックはハンドル末端に備えられた解除ボタンをスライドさせることで初めて展開されたツールを折りたたむことが可能となる。また、半分折りたたんでから完全にフォールドするまでの間に一度ひっかかりがあって、いきなりバチンと閉まらないようになっているのもいい。シンプルながらよく考えられた安全装置だ。リーマーやドライバーの使用時にがくりとツールが折れ曲がって怪我をする心配も無い。遊び心を超えて、着実に道具として機能する頼もしさがこのスピリットにはある。電気関係、IT関係、車両関係の多くのプロエンジニアが、スイスツールをサブツールとして常備しているのもうなづける。

これだけでも充分すごい「スイスツール スピリット」だが、さらに交換ビットやラチェットレンチ、オフィサーでもおなじみコルク抜き、メガネドライバーなどを加えた「スイスツール スピリット プラス」がリリースされている。電気関係などプロエンジニアの方々に大評判と聞くが、自分の利用範囲ではこれだけでも充分なので、結局スピリットに落ち着いた次第。

専用ナイロンケース

なお、スイスツールのシリーズにはもれなく、ベルト通しの付いたジャストサイズのナイロンケースが付属しており、こういうところもポイントが高い。

ただ、このランヤード・ホールなんだけど、この位置にランヤード結ぶとすげー邪魔にならない?こいつの設計意図だけが謎。誰か知ってる人、使い方教えてください。






プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。