• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポメラの危機!

久々にポメラでテキスト書こうとしたら、エンターキーもカーソルキーもスペース変換キーも反応しなくなった。つまり、何も出来ない。

あわててキングジムのサイトに行ってみたら、なんとこのポメラDM10、製造終了ってなってる!もう、サポートも受けられないのか…。残念。

念のためにググってみたら、同様の事例に遭遇した人のブログがあって、どうやら折り畳みキーボードの展開時に、帯状の配線を挟み込んでいたため、接触不良を起こしていたということらしい。おいらのポメラを覗いてみると、確かに該当のフィルム状のパーツに折り目が付いていて、これが挟まれていた痕跡だろう。

そのブログの主は隙間から割り箸を突っ込んで、配線が挟まれないように押さえながらキーボードを開いたら、普通に使えたということらしい。
で、おいらもランブラーの爪ヤスリを開いて、半開きのキーボードの裏の隙間から配線カードを押さえ込み、ゆっくりと展開したら、ちゃんと作動するようになった。ヨカッタ!

その後は用心のため、常にツールナイフで配線カードを押さえ込んでおいてキーボードを開くようにしている。ただそうすると、さっと出してさっと使えるというポメラの利点が若干損なわれることになるが、致し方ない。

原因としては、やはり何度も使っているうち、キーボードの開閉の度、この配線カードフィルムが引っ張り出されてきてたるんでしまっていたということなのだろうか。だとしたらこれはもう、折り畳み式キーボードの宿命ということか。

いずれにせよ、そろそろポメラも次世代機に乗り換える時期がきているのかもしれない。となるとDM25か100かで迷うところだが、うーん、やっぱり折り畳みキーボードが魅力なんだよな。持ち運びがコンパクトで。DM100はポメラとしては本末転倒の感が拭いきれないんだよなぁ。

あとDM25なら、今使っているケースがそのまま利用できるし。

けどなぁ、DM10まだまだ使えるんだよなぁ。うーん…。

何にせよ、スイスアーミーナイフは常に備えておくべき、ということは言えそう。


スポンサーサイト

【冒険野郎マクガイバー】 シーズン2 その一

1986年-87年 米CBS/パラマウント
出演
 リチャード・ディーン・アンダーソン/石丸博也:マクバイバー
 ダナ・エルカー/宮川洋一:ピーター・ソーントン

ついに突入シーズン2!DVD6枚組の【Disc1】の中身

#1「死のコンピューター指令」
ゲスト
 ジューン・チャドウィック:ジル・ラドラム博士
 ピーター・ハスケル:ウッドワード大佐
メインミッション
 ハイテク・セキュリティ・システムの検証実験
 暴走コンピュータとの対決
今回のワザ
 即席望遠鏡の作成
 各種防衛システムの突破
 ジーンズを救命ロープ代わりに
今回のスイスアーミーナイフ
 扉の蝶番破壊
 電源コードの切断

#2「殺し屋」
ゲスト
 ジョー・サントス:ジミー・ケンドール
 モーガン・スティーヴンス:マイケル・シモンズ
 リチャード・L・ジェイミソン:バニングの護衛ラルフ
 ヘンリー・ジョーンズ:チャールズ"パパチャック"バニング
メインミッション
 敵陣営への技術供与阻止と犯人逮捕
 組織を裏切った殺し屋の保護
今回のワザ
 鉄パイプとガスボンベでトラップ
 鏡による偽装死トリック
 コームとアルミフォイルでサイレン音
今回のスイスアーミーナイフ
 炭酸水サーバーのメンテナンス
 配線コードの切断と被覆はがし
 車載電話のハッキング工作
 ガラス切り(未遂)

#3「スティング作戦開始」
ゲスト
 リチャード・ロマナス:ジェームズ・クロウ
 レックス・リヨン:クロウの手下
 アル・ファン:クロウの手下
 パメラ・ボウエン:ジョアンヌ・デミングス
 スティーヴ・イースティン:保管係
メインミッション
 大物詐欺師をカモにする
今回のワザ
 エレベーターと消火ホースによるドア破壊
今回のスイスアーミーナイフ
 消火ホースの切断
 バッテリーコードの被覆はがし
 トランクの解体
 警報機の改造

#4「光の皇子」
ゲスト
 レオン・ファン:ポール・チャン
 ジェームズ・パックス:ストーン
 ジョージ・タケイ:シェン・ウェイ博士
 ティア・キャリア:リサ・チャン
 ジェームズ・ホン:リー・ウェンリン
 クライド・クサツ:サム
メインミッション
 友人の弟を陰謀から救出
今回のワザ
 ラジコンで陽動作戦
 時計のレンズで火薬発火
 換気口フィルターと蛇口で床板はがし
 ロープとこうもり傘で壁越え
 小型爆弾製造
今回のスイスアーミーナイフ
 時計の分解
 こうもり傘の分解
 ロープの切断
 布地の裁断

シーズン1では政府の契約エージェントだったマクガイバーだが、冷戦終結と共に上司で親友のピーターがNPO「フェニックス財団」の本部長となったのに合わせ、彼に協力するフリーのスペシャリストとして数々の困難に立ち向かう、というのがシーズン2以降の設定。当然「スパイ大作戦」的な大がかりなミッションは激減していくが、これは本家本元の007などでも同様で、敵対する悪がギャングやテロリストや悪徳企業に変わっていくわけだ。毎回手を変え品を変え、様々な冒険と試練が立ちはだかる面白さは健在。ツールナイフやダクトテープをはじめとした小道具の数々と、臨機応変の創意工夫も満載だ。

「死のコンピューター指令」では人工知能との戦いが描かれるが、結局決め手はピーターとの「友情パワー」という落ち。
「殺し屋」ではジョー・サントス演じる老いたプロフェッショナルとマクガイバーの、つかの間の友情が描かれ、ハードボイルドならぬ「ハートボイルド」な仕上がり。
「スティング作戦開始」はタイトル通り映画「スティング」へのオマージュで、友人をだました詐欺師をだまし返すミッション。一種の箱抜け詐欺の手口が鮮やかに描かれる。
「光の皇子」は不老不死に取りつかれた男の陰謀から友人の弟を救うミッション。ジョージ・タケイやジェームズ・ホン、クライド・クサツなど大物アジア系スターが熱演の回。

相変わらずマクガイバー役のリチャード・ディーン・アンダーソンが切れ味鋭いアクションを披露するが、2話目の「殺し屋」ではアンダーソン本人のプロフィールとオーバーラップする「挫折した元アイスホッケー選手」という設定が語られる。

このシーズンからはマックのよき友ピーター・ソーントン本部長の存在感がより大きくなってきている。オープニングにも出てるしね。

いやー、やっぱこのドラマ面白いわ。早く続き観よう。



ビクトリノックス【ランブラー】

これはブレードレスやクラシックSDと同じミニシリーズの逸品で、かなり人気の高いモデル。ブレードレスと同じレザーケースがおまけで付いてくる。ちなみにこのケース、公式には「スカイケース」と称するらしい。どういう意味?いずれにしても、おいらがクラシックSDを購入したときには付いてなかったな。まあ、別にいいけど。

ランブラー

ビクトリノックス ランブラー 0.6363 ミニシリーズ
ハンドル:セリドール樹脂 赤 58mm
スモールブレード/ハサミ/爪ヤスリ/マイナスドライバー(小)/フィリップス型プラスドライバー(小・帯磁性)/ワイヤーストリッパー/栓抜き/ピンセット/ツースピック//

先端が磁石になっているプラスドライバーや栓抜きなどを兼ねたマルチツールはブレードレスやミニチャンプに付属のものと同じで、実に秀逸なデザイン。
要するに「ランブラー」という製品はクラシックSDにこのマルチツールユニットが搭載されたもの。クラシックSDだとちょっと物足りないけど、ミニチャンプまで行っちゃうと小さ過ぎてかえって使いづらい。そういう隙間をうまく埋めてくれて、なおかつギリギリ実用に耐える。そんなポジションの製品ではないかと思う。

実際、この大きさだとあまりツールが多過ぎても、本末転倒になっちゃうと思うのね。
ちょっとしたときにサッと出して、ちょちょっと使う。それが58mmミニシリーズの真骨頂じゃないでしょうか。(うーん、でもミニチャンプライトWL、魅力的だけどね。笑)

ブレードレス以外のミニシリーズ同様、これまた小さいとはいえ抜群に切れ味のいいナイフブレードが付属しているから、当然携行には(法的、社会的意味で)注意を要する。安全という意味では、そもそもフォールディングナイフ自体、安全に刃物を持ち歩くための機構なのだし、ねぇ。

それにしてもこのハサミは本当、よく出来てるよなあ。ハサミそのもののサイズは、もしこんなのが裁縫セットに入っていても「なんだよコレ」っていうくらいのマイクロサイズで、まるで使えないと思う。それが58mmのハンドルと一体になることで俄然、握りやすく使い勝手が良くなるという優れたデザインなのだ。実際ツールの中では一番登場率・稼働率が高いし、貢献度も大きい。ミニシリーズの第一の魅力はこのハサミに尽きる。

で、これを買ってしまってから気づいたのだが、ランブラーにボールペンとLEDライトが付属した「マネージャーライトWL」ってのがあるらしいのね。なんか、早まったかなあ…。ミニシリーズもなかなか奥が深いです。



ビクトリノックス【スイスカードライトT】

以前入手したスイスカードTがあまりにも素晴らしく、ついつい購入してしまったLEDライト付きのもの。

スイスカードライトT

ビクトリノックス スイスカードライトT 0.7300T スイスカードシリーズ
ケース:ABS樹脂 トランスルーセントレッド
レターオープナー/ハサミ/ボールペン(青)/ピンセット/ルーペ/ピン/マイナスドライバー3mm/マイナスドライバー5mm/フィリップス型ドライバー00-0/フィリップス型ドライバー1-2/スケール(cm)/スケール(inch)/LEDライト//

これもやっぱりシースルーボディで、取り出したいツールがどこにあるか判りやすい。
スイスカードTに付いていた爪ヤスリ兼ミニドライバーとツースピックが省かれているが、その代わりにドライバー4種をセットにしたコンボツールとLEDの豆電球とルーペが搭載されている。

ルーペは、まあはっきり言っておまけ的感覚で、ほとんど物の役には立たないっぽい。プラスティック製で厚みも無く焦点も甘いので倍率も低い。太陽光を集めてホグチに火をつけるといったサバイバル的利用もまず無理っぽい。せいぜいピンセットとピンを使って刺抜き治療を行う際、患部を拡大観察する程度だろうか。あるいは小さすぎて読めない薬の説明書や、あやしげな契約書の細部を確認する程度には役立つかもしれない。

むしろすげーのは看板のLEDライトと4点コンボドライバー。

LEDライトは本当に小さな豆電球なのだが、さすがLEDの威力で、暗闇では充分力を発揮する。バッテリーはボタン電池の中でもかなり小さなCR1025というやつで、これはめったにコンビニなどでは手に入らない。早めにストックを手に入れておくべき。(時計屋さんとか補聴器を扱っている眼鏡屋さんとかにはあるかも)

コンボドライバーは大小のプラス、マイナスドライバー計4種が一枚の四角い板になっているもので、デザイン的にも秀逸。ハンドルも軸も無いから使い勝手としてどうかな、と思ったが、これが案外役に立つので驚く。長さが無いので狭い所のネジには使えないけど、それでも緊急時には頼もしいツールとなるだろう。

こういうちっちゃいのにちゃんとしているツールを見ると、さすがスイスのクオリティだなあ、と感心させられる。

レターオープナーとハサミ、その他についてはスイスカードTと同一なので、全く問題なし。こちらも実際、本当によく出来ている。

何かルーペのうまい使い方を探りたいところ。

ちなみにYoutubeのレビュー動画はここ。
Victorinox Swiss Card Lite - Review

このレビュアーの女性も触れているが、スイスカードシリーズがいいのは、一般のカードサイズより横幅を若干短めにとって、ウォレットのカードスリットにちゃんと納まるようにしているところ。こういうきめ細かい配慮がウレシイですな。



ビクトリノックス【ブレードレス】

近頃、思うところあって資格を取り、介護関係の仕事をしているわけですが、ユニフォームのポケットに忍ばせるツールとして「クラシックSD」をロッカーのキーホルダー兼用として用いていた次第。けどまあ数か月使ってみて、結局今回の「ブレードレス」に持ち替えました。

ブレードレス

ビクトリノックス ブレードレス 0.6263 ミニシリーズ
ハンドル:セリドール樹脂 赤 58mm
マルチツール=フィリップス型プラスドライバー(小)・栓抜き・ワイヤーストリッパー/ツースピック/ピンセット/ハサミ//

これは名前の通りブレードが付いていない。ナイフ抜きのビクトリノックス。

もっともハサミは付属しているわけで、それは小さなハサミだけれど、やはり機内持ち込みは不可、らしい。
そんなこと言ってたら、人間やろうと思えば腰ひも一本で人が殺せるわけだし、達人なら箸袋で割りばしが斬れてしまう。そもそもテロリストと呼ばれる人たちは存在そのものがアウトなのだし、もう言い出せばきりが無いと思うが、それはさておき。

介護の仕事をしていると、圧倒的によく用いるツールがハサミなのですな。実際に使う場面はほとんど「緊急を要する」事が多いのだが、いちいち詰所に取りに行っている暇など無い。しかし普通のハサミをユニフォームのポケットに常時携行するというわけにはいかない。危ないしポケットに穴が開きます。

そこで活躍するのがこうしたスイスアーミーナイフに代表されるポケットツール付属の小さなハサミなわけだが、これがいざ使おうとすると、よく慣れているつもりでも誤って缶切りを出してしまったりする事がある。そりゃおいらが間抜けなのだと言われればそれまでだが、クラシックSDの場合でも、間違ってブレードを出してしまうというミスが多々あった。

これは介護の現場的にはなはだマズイわけでして、そういうこともあって、より安全側であるところのブレードレス購入の運びとなったわけですな。

大きさはクラシックSDと同じ58mmで、使い勝手も同様。ナイフが付いていなくて、ハサミ以外の「危険要素」が無い。
マルチツールは思ったより厚みがあって、プラスドライバーも栓抜きもちゃんと機能するのがすごい。何よりハサミ部分との見分けがつきやすいので、間違えて開くという事が無いのが助かる。

ハサミの切れ味や使い勝手はクラシックSDと同じなので全く不満は無い。
こうなるとかえって欲が出るというか、この頑丈なマルチツール部分に爪ヤスリでもつけておいてくれたらもっと良かったのに、などと考えてしまう。

オフィシャルの仕様なのかどうかは知らないけど、Amazonで購入したら、外側が黒、内側が赤というキュートなレザーケースがおまけで付いてきた。三文判のケースみたいでしょぼいという人もおられるようだが、素直に嬉しいです。

追記:今気づいたが、マルチツールのプラスドライバーが磁石になってた!すげー!



プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。