• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッシュ/プライドと友情

原題:RUSH
鑑賞日:2月12日 WOWWOWにて視聴(録画)
2013 米・英・独
監督:ロン・ハワード
脚本:ピーター・モーガン
撮影:アンソニー・ドット・マイケル
音楽:ハンス・ジマー

ジェームズ・ハント:クリス・ヘムズワース
ニキ・ラウダ:ダニエル・ブリュール
ヘスケス卿:クリスチャン・マッケイ
クレイ・レガッツォーニ:ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ
バブルス・ホースレー:ジュリアン・リンド=タット
ピーター・ハント:ジェフリー・ストリート・フェイルド
スージー・ミラー:オリヴィア・ワイルド
マルレーヌ・クナウス:アレクサンドラ・マリア・ララ
エンツォ・フェラーリ:アウグスト・デララ

野生のハント、知性のラウダ。F1サーカスにおける伝説のライバル、ジェームズ・ハントとニキ・ラウダの、6年以上にわたる死闘を描く伝記ドラマ。

監督が「ライトスタッフ」のロン・ハワードだというので無条件にエアチェック。やはり正解。大正解。

この監督は、事実に基づくドキュメントの中から、ドラマチックな部分を掬い取って映像化する技術に実に長けた監督だと思う。「ライトスタッフ」然り。「アポロ13」然り。
それでいながら「バックドラフト」や「スプラッシュ」などのストーリーテリングの鮮やかさ。「ダ・ヴィンチ・コード」「身代金」のサスペンスのたたみかけの見事さ。
一方で、俳優出身の監督らしく、役者の生理に寄り添ったきめ細かい演技演出も、彼の作品を見応えあるものにしている。

この映画では、全くタイプの異なる二人のF1レーサー、ラウダとハントのキャラクターをしっかり描くことで、モータースポーツの過酷さ、残酷さ、そしてその魅力にとり憑かれた人々の姿を鮮やかに描いてくれている。モータースポーツに興味の無い、二人を全く知らない人でも充分楽しめる、迫力ある作品に仕上がっている。

そして、対立する二人の友情。これがイイ!これが泣ける!
日本公開時のキャッチコピーがいい。
「お前がいたから、強くなれた。」
もうね、これが本当に泣ける。男なら当然。女の子も結構うるうる来ると思うよ。

やっぱ映画はドラマがしっかりしていてこそ、映像スペクタクルに意味が出てくるのだな。ちなみに本作、どこからどこまでがスタントで、どこがCGか全く判らない。というより、もう、そういうこと関係ない。そろそろ「あ、今のCGだよね。よく出来てるよね」とか、つまんない映画の見方は卒業しなくちゃね。こいつはもう、そういうこと一切気にせず映画に没頭させるテンポのよさとストーリーの見事さ。で、時々「ああ、これって本当にあった事なんだよな」と思い出して鳥肌が立つ。

ハントやラウダを演じる俳優が、本人によく似ている、というか、よく似せつつもしっかりキャラクターを演じていたのもよかった。特にジェームズ・ハントを演じたクリス・ヘムズワースは、若い頃のブラッド・ピットとバル・キルマーを会わせたような雰囲気で、実に格好イイ。日本だと誰だろう?「蒲田行進曲」の時の風間杜夫が意外に重なる気がするのね。いわゆる天才型ダメ人間の破天荒な魅力、かな。

音楽は巨匠ハンス・ジマーが劇伴を付けているとはいえ、いろんなシーンに流れる「あの時代」のロック、ポップスのチューンが実に血沸き肉踊るというか、なごむというか、気分が高揚しちゃう。シン・リジィの「ロッカー」なんて、久しぶりに聴いた。

日本グランプリのシーンで、中国語だかなんだかよくわからない意味不明の漢字の表記が出てくるのがほんの一瞬のご愛嬌。日本語の漢字表現って、そんなに難しいのかな。レタリングの選び方も日本だと絶対ありえないフォントをチョイスしちゃってるし。そこだけ違和感バリバリなのが逆に面白かったりする。あっちの人たちには、まだまだ日本って遠い異国なんだろうな、なんて思ったり。そういうこと感じるのもまた、映画の楽しみ。

しかしやっぱりハラワタにこたえたのは、F1レースのキモである大音響のエグゾーストノート。タイヤのきしみ。ギアが抜けたり入ったりする音。あらゆる音響もまたド迫力。映像編集の圧倒的スピード感とあいまって、もう終始心臓バクバク。我が家のお粗末な再生環境でもこれだけ感応できた。となるとこれはやっぱり劇場で観るべきだったと後悔しきりの一本、でした。




スポンサーサイト

マエストロ!

鑑賞日:2月2日(月) あべのアポロシアター・スクリーン3 初回上映
2015年 松竹/アスミック・エース
監督:小林聖太郎
原作:さそうあきら
脚本:奥寺佐渡子
撮影:清久素延
音楽:上野耕路
指揮指導:佐渡裕
エンディング:辻井伸行「マエストロ」

香坂真一:松坂桃李
橘あまね:miwa
阿久津健太朗:古館寛治
村上伊佐夫:大石吾郎
谷ゆきえ:濱田マリ
榊涼子:河合青葉
小泉徹:池田鉄洋
鈴木稔:モロ師岡
可部直人:村杉蝉之介
伊丹秀佳:小林且弥
丹下浩:中村倫也
一丁田薫:斉藤暁
島岡修造:嶋田久作
相馬宏明:松重豊
天道徹三郎:西田敏行

ベートーヴェンの交響曲第五番「運命」とシューベルトの交響曲第七番(八番)「未完成」、この二曲が劇中のクライマックスで奏でられるわけで、物語はそこへ向けて、再結成オーケストラの団員たちとクセモノ指揮者が激しくぶつかりあいながら、至高の音楽を目指すというものだ。

そもそもこの「運命」と「未完成」とくれば、ちょっとクラシックに馴染みの無い素人でも、ワンフレーズ程度は口ずさめるくらいにメジャーな作品で、正直、いまさら感がなくもない。と、最初は思っていたのだこの俺も。
いや、確かに名曲だし、傑作中の傑作であるし、特にベートーヴェンの第五はあまりに作品として完璧すぎて息苦しさすら感じるときがあった。シューベルトの未完成は、完成されていないことで逆に生み出される切なさ、はかなさのようなものが、我々日本人の感性にもマッチするのか、音楽ファンの誰もが好きすぎて、もう聴き飽きた、という部分もあった。

しかしそういう、余りに完璧であまりにポピュラーな名曲だけに、演奏家は常に聴衆の厳しい批判の眼・耳にさらされるのもまた宿命なのだ。なにしろどちらの作品も、オーケストラの交響曲としては演奏時間も短めで、コンパクトにまとまっているから、様々なオケや指揮者でいくらでも聴き比べが可能なのだ。これがワグナーやブルックナーあたりだと、そうおいそれと聴き比べというわけにもいくまい。

つまり、この二曲に関しては、リスナーの誰もがある程度、いっぱしの音楽評論家として立ち向かうことができる数少ない名曲の代表格でもあるわけだ。

さて、この映画「マエストロ!」の中で、世界文化遺産的大傑作交響曲たちはどのように響いているか。

ぶっつぶれたポンコツオケのみそっかすばかりが廃工場に寄せ集められ最初に奏でる音は、アンサンブルもあやしくパワーもひねりもない普通あるいはそれ以下の、単なる音符の羅列。その彼らが、謎の老指揮者に豪腕で引きずり回され、次第に音楽家としての心に目覚め、人間としても再生していく過程がおもしろく、音楽のトリビア的ネタも随所にちりばめられ、ついには大ホールの聴衆の前で至高の音楽を構築するそのカタルシス!

と、まあここまでならこれまでにも、音楽ものやスポーツものをはじめ青春映画や武道、芸道ものなどで散々使い古されたテーマだし見慣れた展開でもある。まあ、好きなジャンルには違いないけどね(笑)。

しかし一筋縄ではいかないのがこの映画。さらにもうひとひねりのおまけエピソードがあって、実はこいつがこの映画のキモ。いやー、やられました。

さそうあきらという漫画家の存在は知っていたし、いくつかの作品は読んだこともあったのだが、この超有名人気作品の存在をなぜかまったく知らず、したがって読んだこともなかったので、予備知識がゼロだった。これもやられた感に拍車をかけた。

コンサートの一日目に「運命」を持ってきて、二日目に「未完成」のシーンで締めるあたりがニクい。

いやー「運命」ってこんなにかっこいい曲だったんだ。「未完成」ってこんなにもせつなく美しい曲だったんだ。わかってはいたつもりだったけど、今回あらためてぶっとんだ。

クライマックスの演奏はドイツ・ベルリン交響楽団。指揮は西田敏行の指揮演技も指導した佐渡裕。これがものすごい音だった。CD買わなきゃ。

演技陣の仕事もすばらしい。この手の作品では演奏演技のリアリティが重要になるわけだが、そこんとこも完璧で、もうそういうこと全く気にならず、ストーリーと音楽に没入できたのもうれしかった。大人気シンガーソングライターのmiwaが女優デビューを飾っているのも話題だが、俺は彼女の唄を紅白でしか聴いたことがない。そもそも最近のJポップにはうといのよ。それでも彼女のキャラクターはとても良かった。しっかり映画に力を与えていると思った。





【冒険野郎マクガイバー】 シーズン2 その一

1986年-87年 米CBS/パラマウント
出演
 リチャード・ディーン・アンダーソン/石丸博也:マクバイバー
 ダナ・エルカー/宮川洋一:ピーター・ソーントン

ついに突入シーズン2!DVD6枚組の【Disc1】の中身

#1「死のコンピューター指令」
ゲスト
 ジューン・チャドウィック:ジル・ラドラム博士
 ピーター・ハスケル:ウッドワード大佐
メインミッション
 ハイテク・セキュリティ・システムの検証実験
 暴走コンピュータとの対決
今回のワザ
 即席望遠鏡の作成
 各種防衛システムの突破
 ジーンズを救命ロープ代わりに
今回のスイスアーミーナイフ
 扉の蝶番破壊
 電源コードの切断

#2「殺し屋」
ゲスト
 ジョー・サントス:ジミー・ケンドール
 モーガン・スティーヴンス:マイケル・シモンズ
 リチャード・L・ジェイミソン:バニングの護衛ラルフ
 ヘンリー・ジョーンズ:チャールズ"パパチャック"バニング
メインミッション
 敵陣営への技術供与阻止と犯人逮捕
 組織を裏切った殺し屋の保護
今回のワザ
 鉄パイプとガスボンベでトラップ
 鏡による偽装死トリック
 コームとアルミフォイルでサイレン音
今回のスイスアーミーナイフ
 炭酸水サーバーのメンテナンス
 配線コードの切断と被覆はがし
 車載電話のハッキング工作
 ガラス切り(未遂)

#3「スティング作戦開始」
ゲスト
 リチャード・ロマナス:ジェームズ・クロウ
 レックス・リヨン:クロウの手下
 アル・ファン:クロウの手下
 パメラ・ボウエン:ジョアンヌ・デミングス
 スティーヴ・イースティン:保管係
メインミッション
 大物詐欺師をカモにする
今回のワザ
 エレベーターと消火ホースによるドア破壊
今回のスイスアーミーナイフ
 消火ホースの切断
 バッテリーコードの被覆はがし
 トランクの解体
 警報機の改造

#4「光の皇子」
ゲスト
 レオン・ファン:ポール・チャン
 ジェームズ・パックス:ストーン
 ジョージ・タケイ:シェン・ウェイ博士
 ティア・キャリア:リサ・チャン
 ジェームズ・ホン:リー・ウェンリン
 クライド・クサツ:サム
メインミッション
 友人の弟を陰謀から救出
今回のワザ
 ラジコンで陽動作戦
 時計のレンズで火薬発火
 換気口フィルターと蛇口で床板はがし
 ロープとこうもり傘で壁越え
 小型爆弾製造
今回のスイスアーミーナイフ
 時計の分解
 こうもり傘の分解
 ロープの切断
 布地の裁断

シーズン1では政府の契約エージェントだったマクガイバーだが、冷戦終結と共に上司で親友のピーターがNPO「フェニックス財団」の本部長となったのに合わせ、彼に協力するフリーのスペシャリストとして数々の困難に立ち向かう、というのがシーズン2以降の設定。当然「スパイ大作戦」的な大がかりなミッションは激減していくが、これは本家本元の007などでも同様で、敵対する悪がギャングやテロリストや悪徳企業に変わっていくわけだ。毎回手を変え品を変え、様々な冒険と試練が立ちはだかる面白さは健在。ツールナイフやダクトテープをはじめとした小道具の数々と、臨機応変の創意工夫も満載だ。

「死のコンピューター指令」では人工知能との戦いが描かれるが、結局決め手はピーターとの「友情パワー」という落ち。
「殺し屋」ではジョー・サントス演じる老いたプロフェッショナルとマクガイバーの、つかの間の友情が描かれ、ハードボイルドならぬ「ハートボイルド」な仕上がり。
「スティング作戦開始」はタイトル通り映画「スティング」へのオマージュで、友人をだました詐欺師をだまし返すミッション。一種の箱抜け詐欺の手口が鮮やかに描かれる。
「光の皇子」は不老不死に取りつかれた男の陰謀から友人の弟を救うミッション。ジョージ・タケイやジェームズ・ホン、クライド・クサツなど大物アジア系スターが熱演の回。

相変わらずマクガイバー役のリチャード・ディーン・アンダーソンが切れ味鋭いアクションを披露するが、2話目の「殺し屋」ではアンダーソン本人のプロフィールとオーバーラップする「挫折した元アイスホッケー選手」という設定が語られる。

このシーズンからはマックのよき友ピーター・ソーントン本部長の存在感がより大きくなってきている。オープニングにも出てるしね。

いやー、やっぱこのドラマ面白いわ。早く続き観よう。



【冒険野郎マクガイバー】 シーズン1 その6

1985年-86年 米CBS/パラマウント
主演:リチャード・ディーン・アンダーソン(石丸博也)

シーズン1、DVD6枚組の【Disc6】で、いよいよ終了!

#21「善良な囚人たち」
ゲスト
 ダナ・エルカー:ピーター・ソーントン
 ラリー・ドブキン:アレクサンドル・カーソフ
 シャロン・モーガン:マリア・カーソフ
 ポール・コスロ:Dr.スワリン
 ジェーン・メロウ:Dr.ナタリア・ペトロヴィッチ
 エリヤ・バスキン:ディミトリ
 ティム・ロソヴィッチ:ロパト
 マーヴィン・カプラン:チェス好きの患者 
今回のミッション
 ピーターの親友父娘を救出
今回のワザ
 ジェットボートのチェイス
 電球で合いカギ
 掃除用具でトラップ
今回のスイスアーミーナイフ
 毛布を切り裂いてロープ作り

#22「殺しのテクニック」
ゲスト
 アンソニー・デロンギス:殺し屋ピエドラ
 コリン・ボーラー:テリー
 リチャード・イニグエス:大司教のSPエミリオ
 ダナ・エルカー:ピーター・ソーントン
 グレッグ・ノーバーグ:ピーターの部下コナーズ
 ジャック・ヘラー:スミス
 ドン・ダイアモンド:大司教
今回のミッション
 プロの殺し屋のターゲットを捜査
今回のワザ
 電話と物差しで相手の銃を奪う

いやー、実に面白かった。
21話は「カッコーの巣の上で」を思い出させるし、22話は「ジャッカルの日」を連想させる。どちらもシリーズ屈指の傑作。特に22話では、殺し屋ピエドラを演じたアンソニー・デロンギスのアクションと数々のワザが凄くて、マクガイバーがちょっと霞んでしまったほど。
アメリカのTVドラマでいつも感心するのは、シナリオが実によく練られていて、ほとんどハズレが無いということ。特にこの「冒険野郎マクガイバー」は、毎回様々な知恵と工夫が凝らされており、見飽きることが無かった。

こりゃ、やっぱり第2シーズン以降もコンプリートするしか無いか。

【冒険野郎マクガイバー】 シーズン1 その5

1985年-86年 米CBS/パラマウント
主演:リチャード・ディーン・アンダーソン(石丸博也)

シーズン1、DVD6枚組の【Disc5】やっとここまで来ました。

#17「生か死か」
ゲスト
 パーシス・カンバッタ:アーメッドの母
 シド・ヘイグ:カーリ
 アラン・クルマン:大尉
 ロン・ギルバート:中尉
 マイケル・ショア:ボルソ軍曹
 ダナ・エルカー:ピーター・ソーントン
今回のミッション
 アフガンに不時着した偵察衛星のデータ回収
今回のワザ
 衛星の部品とダクトテープでハンググライダー作成
 マフラーで投石器
 家畜小屋にトラップ
 岩場に消火器でトラップ
今回のスイスアーミーナイフ
 データカプセルの取り外し

#18「ミサイル撃墜作戦」
ゲスト
 ダーシー・マータ:ケイト・ラファティ
 リチャード・マッケンジー:ウィリス教授
 リー・デブロー:ハッチャー
 ネッド・ベラミー:ラーキン
 ダナ・エルカー:ピーター・ソーントン
今回のミッション
 誘導ミサイルの改良データを死守
今回のワザ
 スピーカーとオシロメーターで音響兵器
 エアゾールスプレーで鉄格子の破壊
 サボテンの樹液で即席電池
 ヘッドライトと双眼鏡で熱線銃

#19「正義の復讐」
ゲスト
 フランセス・バーゲン:ダイアナ
 ワーウィック・シムズ:Dr.グラント
 アンソニー・デ・フォンテ:ハッサン
 トレーシー・リード:アンドレア・コリンズ
 カレル・マイヤーズ:ローラ
 トム・シモンズ:ブレイド
今回のミッション
 インドの鉄道ハイジャック事件の捜査
今回のワザ
 血圧計と目覚まし時計でポリグラフ(嘘発見器)
今回のスイスアーミーナイフ
 機関車の始動スイッチに細工
 ボトルキャップで犬笛作成

#20「脱獄」
ゲスト
 クリスティナ・ウェイボーン:セイラ・アシュフォード
 ポール・ヴェルディエ:フランソワ・ヴィラール
 ジョン・デランシエ:ブライアン・アシュフォード
 ミゲル・フェルナンデス:カーン
 ヴィク・ポリゾス:収容所長
今回のミッション
 政治犯の脱獄幇助
今回のワザ
 新聞紙の熱気球
 氷とタライで時限爆弾


17話に出演のパーシス・カンバッタは「劇場版スタートレック」にも出ていたインドのモデル兼女優さん。49歳の若さで惜しくも亡くなっている。

本当にびっくりするほど盛りだくさんのストーリー展開。主人公のブレないキャラクターがとてもかっこいい。すなわち、徹底的な銃器への嫌悪・不当な暴力への怒り・弱者への共感・正義への熱い心・常に相手を思いやる優しさ・しかし自分を飾ることは全く無い。これだけ優れた頭脳と行動力を持ちながら、それを私利私欲のためには使おうとしない。あるのは未知への探求心と冒険への渇望。女の子だけでなく、男も惚れる正に「好漢」、それが冒険野郎マクガイバーだ。いよいよ第1シーズンはあとディスク1枚、お話2本を残すのみとなった。

プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。