• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリノックス【ネイルクリッパー】

ビクトリノックス ネイルクリッパー(爪切り)8.20 55.CB
クロームシルバー 59mm
爪切り/爪ヤスリ


人が出先で急に爪を切らなければならない状況って何だろう。色恋関係抜きで(笑)。

そういうことって、まあ一般的にはあんまり無いかもしれんのだけど、たとえば、医療・介護なんかの現場では結構「しまった伸び過ぎてた」てなことがありがちなんですよね。実感として。
あと、格闘技・球技・体操・陸上・水泳などアスリートの現場でも、爪切りってかなり重要なセルフメンテナンスケアかも。野球のピッチャーとか、爪のメンテナンスが選手生命に関わるって話しだし。ぶっちゃけ、俺が「時々やってる」ミュージシャンにとっても、爪のお手入れは必須です。

で、現場に爪切りのいいのがあればそれで無問題なんだけど、無ければ無いで、自分の場合はこれまでキーホルダーにぶら下げているビクトリノックスのツールナイフ=マネージャーライトに付属されているハサミとヤスリでなんとか対応していたわけです。ちょっと難しいというかテクニックが要るけど、これはこれで、慣れればかなり使えるものでありました。

この、ビクトリノックスのツールナイフ付属のハサミというのが、結構切れ味いいんだけど、やはり爪切り用途ということであれば使い慣れた爪切り=いわゆるネイルクリッパーの方がそりゃうまく切れる。特に現代日本人はもうこのタイプでなくては爪切れない人の方が多いでしょ。

なんだか知らないけど、戦後日本人って(特に昭和30年代~50年代にかけて)教育現場で「刃物恐怖症」に洗脳されてしまっているのね。わしらのオヤジやジイジの世代までは、それこそ肥後守みたいな小刀で鉛筆も爪も削っていたらしいのに。
侍ニッポン、確実にクオリティ落ちてます。

ちなみに昔の日本(江戸時代クオリティ)の爪切りバサミが、ハサミと言うよりはニッパーに近い形状で、これがものすごくイイんだけど、なんかものすごくお値段もイイんでございますよね。

だから、爪を切るという作業には、いわゆる我々がよく知る「爪切り=ネイルクリッパー」を用いるのが経済的にも使い勝手的にもいい、というか無難なわけですな。

あと、爪を切ったらヤスリがけもしたいわけですが、この爪用ヤスリ、できれば可能な限り目が細かい方が、仕上がりもなめらかでいいわけです。ビクトリノックスのクラシックSDとか、ランブラーなどミニシリーズに付いてる爪ヤスリもいいんだけど、介護なんかのデリケートな現場では、より細密なヤスリが欲されるわけですよ。

そういう意味でお薦めなのが今回のビクトリノックス・ネイルクリッパーであります。
ビkトリノックス ネイルクリッパー&58mmマネージャーライト
いわゆる今どきの100円ショップ(現時点で108円ショップですか)でも売っている「爪切りカス受け」が付いているタイプに比べるとかなり小さく、折りたたみ収納時のサイズが、同じビクトリノックスの58mmミニシリーズとほぼ同じで、厚みもたった5mm。ブレードレスやマネージャーライトなんかと一緒にキーホルダーに吊るしておいても特に邪魔にならない軽量かつシンプルな構造なのです。
ルックスはシルバーのクロームメッキ一色。エッチングでビクトリノックスのロゴが入っているだけという簡素なルックス。薄い板バネを上手に組み込んで、開閉時のロックを安定させている。

先述のように「カス受け」が付属していないので、使用する際は周囲の環境状況に配慮する必要がある。必ずゴミ箱の上で切る、とかね。

付属の爪ヤスリは本当になめらかに磨ける。
重量も軽いので、特に先述の58mmミニシリーズとの相性が抜群で、一緒にキーホルダーにぶら下げても邪魔にならない。


スポンサーサイト

ビクトリノックス【スイスツール スピリット】

ビクトリノックスといえばスイスが世界に誇る天下無双のポケットツールナイフメーカーで、フォールディングナイフとしてのスタイルを基本コンセプトにしている。誰もが知る、赤いハンドルのポケットナイフ、日本で言うところの「十徳ナイフ」の元祖にして最高峰だ。同じ十徳ツール(マルチツール)としてはアメリカのレザーマンが出しているシリーズが両横綱で、こちらは折りたたみ式プライヤーがその基本スタイルだ。
どちらも優れた作品群で、我が国でもファンが多い。機能的にも、携帯性においても甲乙つけがたいが、材質と仕上げの精度において、若干ビクトリノックスが上回るか。

そのビクトリノックスが満を持して送り出したプライヤータイプのマルチツールが「スイスツール」シリーズだ。中でも使い勝手を重視して改良された「スピリット」は折りたたみ時の全長105mmと、実にコンパクトに収まっており、工具として用いる場合の安定感も申し分ない。
しかも24通り(ビクトリノックスが勘定に入れているランヤードホールや別売のコルク抜き取り付け部やパーツ用バネを除外しての数字)もの機能を有している。

ビクトリノックス スイスツール スピリット 3.0227 N スイスツール
ハンドル:ステンレススチール クロームシルバー 105mm
プライヤー/マイナスドライバー(2mm)/マイナスドライバー(3mm)/ワイヤーカッター/栓抜き/マイナスドライバー(6mm)/リフター&オープナー/波刃&直刃コンビネーションブレード/はさみ/金属ヤスリ/金属のこぎり/のこぎり/リーマー&パンチ/プラスドライバー(フィリップス型1+2)/のみ&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(縦切り)/ワイヤーベンダー/ワイヤーストリッパー&スクレーパー/ケーブルカバーカッター(ラウンド)/缶切り/マルチフック/ハードワイヤーカッター/ロック解除ボタン/収納ケース//

同社のツールナイフ群とはっきり異なるのはトレードマークともいうべき赤い樹脂製ハンドルを潔く放棄し、ステンレスの金属感を全面的に押し出していること。「これは工具ですよ」と声高らかに宣言しているかのようだ。無論、レザーマン製品への対抗意識も大きいだろう。だが、さすがスイスの老舗だけあって、ビクトリノックス社のマルチツールはクロームメッキの鏡面仕上げもなめらかで、単なる工具というより工芸品のような美しさを持つ。

各種パーツ収納状態

すでにリリースされている「スイスツール」「スイスツールX」「スイスツールRS」からの大きな変更点は先ずそのハンドルサイズ。115mmの先行モデルたちより10mm短い105mmは、男性としてはかなり手の小さい自分でも掌にすっぽり収まる握りやすさ。そのコンパクトなハンドルに軽くアールが付けられているため、長時間の作業でも手が痛くなりにくい。もっとも、この形状のおかげで、それまで付いていたスケール(定規)の刻みが省かれることになったが、まあ、これは仕方あるまい。

手にとった感じはずしりと重い。ここもオフィサーナイフのシリーズと大きく異なる点だ。212gといえば同じビクトリノックスのニューソルジャーより80g以上重いことになる。それでも、同程度の工具類を工具箱に収納して持ち歩くことを考えればずいぶん手軽でフットワークに優れていることは言うまでもないだろう。

プライヤー展開状態 プライヤーのアップ

メインのプライヤーはさすがメインだけあって、一部のオフィサーナイフに付属していた可愛らしいものとは異なる、がっしりした本格的なものだ。レザーマンに対向する、というより、むしろビクトリノックスが上回っているのではと思える程、その精度は高い。ホームセンターで売られている安物とは雲泥の差。このプライヤーだけでも充分道具として持っている価値がある。

はさみ

はさみはオフィサーナイフやミニシリーズでも人気の機能だったが、薄い金属板を折り曲げただけのバネでは強度に若干不安があったことは否めない。その点このスピリットに搭載されているものは根本的に造りが異なり、むしろレザーマンのスクオートに付いているはさみのバネに近い。
プロ用本格工具としてだけでなく、日曜大工やアウトドアなどヘヴィデューティな要求にも充分耐えようというスピリットのコンセプトがここにも垣間見える。

コンビネーションブレード

ビクトリノックスのシンボルとも言えるブレード部だが、先輩シリーズがどれもペンブレードタイプだったのに比べ、スピリットではシープフットブレードを更に丸くしたような、ポイントを省いたデザインになっている。理髪店で使われているレザーの形をちょっと連想させられる。このブレード、先端から3分の2までがセレーション(波刃)、根元部分が直刃というコンビネーションブレードになっていて、刃渡りは59mm。切れ味は充分鋭く、それでいて安全性も高く、105mmのハンドルと合わせるとカッターナイフとしての使い勝手も良い。

このブレードをはじめとする各種ツールは、どれもハンドルを折りたたんだ状態から直接展開して使用することができる。わざわざプライヤーを開く必要がない。

安全装置

折りたたみに関するロック機構は全体にしっかりしている、というよりむしろ固い。だがこの固さが実際の使用時における安定感、安心感に繋がっているのも確かだ。採用されているスライドロックはハンドル末端に備えられた解除ボタンをスライドさせることで初めて展開されたツールを折りたたむことが可能となる。また、半分折りたたんでから完全にフォールドするまでの間に一度ひっかかりがあって、いきなりバチンと閉まらないようになっているのもいい。シンプルながらよく考えられた安全装置だ。リーマーやドライバーの使用時にがくりとツールが折れ曲がって怪我をする心配も無い。遊び心を超えて、着実に道具として機能する頼もしさがこのスピリットにはある。電気関係、IT関係、車両関係の多くのプロエンジニアが、スイスツールをサブツールとして常備しているのもうなづける。

これだけでも充分すごい「スイスツール スピリット」だが、さらに交換ビットやラチェットレンチ、オフィサーでもおなじみコルク抜き、メガネドライバーなどを加えた「スイスツール スピリット プラス」がリリースされている。電気関係などプロエンジニアの方々に大評判と聞くが、自分の利用範囲ではこれだけでも充分なので、結局スピリットに落ち着いた次第。

専用ナイロンケース

なお、スイスツールのシリーズにはもれなく、ベルト通しの付いたジャストサイズのナイロンケースが付属しており、こういうところもポイントが高い。

ただ、このランヤード・ホールなんだけど、この位置にランヤード結ぶとすげー邪魔にならない?こいつの設計意図だけが謎。誰か知ってる人、使い方教えてください。






ビクトリノックス【マネージャーライトWL】

結局買ってしまいました。ランブラーにLEDとボールペンの付いた(というより「マネージャー」という製品にLEDが付いてるのね)、マネージャーライトWLです。

マネージャーライトWL

ビクトリノックス マネージャーライトWL 0.6366.WL ミニシリーズ
ハンドル:セリドール樹脂 赤 58mm
スモールブレード/ハサミ/爪ヤスリ/マイナスドライバー(小)/フィリップス型プラスドライバー(小・帯磁性)/ワイヤーストリッパー/栓抜き/ボールペン(青)/白色LEDライト//

基本性能はランブラーに同じ。だからものすごく使い勝手は良い。これまでランブラーをキーホルダーにくっつけて、仕事で常に携行して、しばらく実際に使ってみての感想だから、これは自信を持って言える。
結局ほとんど使わないペナペナの爪楊枝とピンセットの代わりに、白色LEDライトとミニボールペンが付属しているのだから、これはもう日常的には必要十分パーフェクト。重さ、厚みについてもこれがギリギリのセーフラインだろうし。

もうこれでミニチャンプライトWL、必要なくなっちゃったね。笑)

ボールペンはサイドのつまみをスライドさせて出すようになっている。全体が短すぎて書きにくい、と思うだろうが、爪ヤスリもスライドアウトして長さを足してやると、ぐっと書きやすくなる。
ボールペン軸そのものはスイスカードなどに付いてるやつの半分くらいの長さ。必然、インクも早く切れるだろうし、予備のボールペンを調達しておくべきだろうね。SA.6144.0「スライド式ボールペン」というのが58mmミニシリーズに対応する製品。

LEDライトのギミックは、何とビクトリノックスの紋章、ロゴマークそのものがスイッチになっている。ここを押している間だけ点灯する仕組み。これが実によく出来ている。操作もしやすいので、ほんと、キーホルダーに着けてみれば便利さを実感できる。対応する電池はSR1130Wというボタン電池のちっこいやつ。

ちなみに例の印鑑袋のようなレザーケースは付いて来なかったです。まあ、他のより若干分厚いので、どうせ使えなかったと思うけど。それにキーホルダーに着けて使う限り、あれは必要ないし。

ハンドルが傷だらけになろうが、樹脂が曇って光沢が失せようが、コレクションでなく、実用でツールナイフを用いるなら、まあ、それでよし、ということだね。

こいつは超おすすめ!





便利なブックストッパー

壊れかけのポメラで頑張って書いております。まだまだいけます、DM10。

さて、こうしたブログに代表される文書ファイルを作成するにおいて、まあ、パソコンであれば普通にウェブ検索を行いながら書いていくわけだけど、紙媒体の、たとえば大型の辞典クラスを参照しつつ文章を書く場合、あるいはムック本など雑誌を参照しつつ書く場合てのがあるでしょ。

そういうとき、何が困るかというと、「きびしくしつけ」ていない紙媒体書籍というのは、必ず開かれた状態から元の状態、つまり閉じた状態に復元しようとする力が働くわけですね。要するに、勝手にパタンと閉じてしまう。この問題を、先人たちは様々な苦労をして乗り越えようとしてきたわけですな。

言語道断なのはページをおもいきり「しつけて」しまって、ぎゅうぎゅうと開き癖をつけて安定させるというやり方。

あるいはその場に持ち合わせている、在る程度の重量の物体、多くは携帯・スマホ、ペンケース、メガネケース、あるいは他の書籍なんかを文鎮代わりに重石にして、ページが閉じないようにあがくわけです。甚だしきは自分の靴を脱いで本の重石とし、図書館の職員さんに怒られたりするわけでありますな。(おれじゃないよ)

そうやっていろいろ苦労してページを押さえてみても、なんか、やっぱり原稿書いてる間に本が勝手に現状復帰して、無情にもぱたりと閉じてしまったりするわけですな。

特に分厚い書籍の場合だと、形状記憶効果は顕著となります。

こういうのをちゃんとしてくれる「文鎮」の優れたブツが以前から欲しかったわけですが、実は結構前からすでに商品として流通していて、しかもかなりの評価を得ているという事実を最近初めて知りました。うかつだった…。

ブックストッパー

原理としては文鎮にクリップがくっついていて、これでページを開いたままキープしようというものであって、実にシンプル。しかし、その便利さは、商品のキャッチコピーにもあるように「これは便利、使えばわかる」わけであります。

商品名は「ブックストッパー」、製造元はグローリー商事ってとこで、あのトモエそろばんがリリースを受け持っている。姉妹品で「ページホルダー」つーのがあるらしいが、これはまあ、酒飲んだりつまみ食ったりしながらの読書にはいいかもね。書見台ほど大げさでなく、それこそ居酒屋で本読みながら酒飲むのに適したグッズ。まあ、今回はブックストッパーの方をご紹介します。

ブックストッパーの用途としては、先にも触れた、参照・引用を行いつつの文書作成全般、あるいはレシピブックを参照しつつ料理をする場合なんてのもいいかも。

説明書の用途例には、当然、辞書・六法全書などの閲覧時や、会社四季報の閲覧、囲碁将棋の棋譜研究、受験勉強のツールとして、時刻表のページ押さえ、などが挙げられていた。

要するにこいつは、当該ページを無残にも切り取って用いる、などという「本好きの風上にもおけない」人たちには無関係なグッズなのです。あくまで紙媒体書籍、あるいは雑誌の原型を損なわないようにしつつ、必要な情報をメモしよう、引用しようという用途に適した「すぐれ小物」であります。

説明書に載っていた意外な利用方法として「写真立て」というのがあった。

写真立てはともかく、本来の「ブックストッパー」としてはやはり左右両側を固定する方がいいわけで、そのためにも2個同時購入をお勧めしときます。(俺も実際、後で買い足しました)



ビクトリノックス【ランブラー】

これはブレードレスやクラシックSDと同じミニシリーズの逸品で、かなり人気の高いモデル。ブレードレスと同じレザーケースがおまけで付いてくる。ちなみにこのケース、公式には「スカイケース」と称するらしい。どういう意味?いずれにしても、おいらがクラシックSDを購入したときには付いてなかったな。まあ、別にいいけど。

ランブラー

ビクトリノックス ランブラー 0.6363 ミニシリーズ
ハンドル:セリドール樹脂 赤 58mm
スモールブレード/ハサミ/爪ヤスリ/マイナスドライバー(小)/フィリップス型プラスドライバー(小・帯磁性)/ワイヤーストリッパー/栓抜き/ピンセット/ツースピック//

先端が磁石になっているプラスドライバーや栓抜きなどを兼ねたマルチツールはブレードレスやミニチャンプに付属のものと同じで、実に秀逸なデザイン。
要するに「ランブラー」という製品はクラシックSDにこのマルチツールユニットが搭載されたもの。クラシックSDだとちょっと物足りないけど、ミニチャンプまで行っちゃうと小さ過ぎてかえって使いづらい。そういう隙間をうまく埋めてくれて、なおかつギリギリ実用に耐える。そんなポジションの製品ではないかと思う。

実際、この大きさだとあまりツールが多過ぎても、本末転倒になっちゃうと思うのね。
ちょっとしたときにサッと出して、ちょちょっと使う。それが58mmミニシリーズの真骨頂じゃないでしょうか。(うーん、でもミニチャンプライトWL、魅力的だけどね。笑)

ブレードレス以外のミニシリーズ同様、これまた小さいとはいえ抜群に切れ味のいいナイフブレードが付属しているから、当然携行には(法的、社会的意味で)注意を要する。安全という意味では、そもそもフォールディングナイフ自体、安全に刃物を持ち歩くための機構なのだし、ねぇ。

それにしてもこのハサミは本当、よく出来てるよなあ。ハサミそのもののサイズは、もしこんなのが裁縫セットに入っていても「なんだよコレ」っていうくらいのマイクロサイズで、まるで使えないと思う。それが58mmのハンドルと一体になることで俄然、握りやすく使い勝手が良くなるという優れたデザインなのだ。実際ツールの中では一番登場率・稼働率が高いし、貢献度も大きい。ミニシリーズの第一の魅力はこのハサミに尽きる。

で、これを買ってしまってから気づいたのだが、ランブラーにボールペンとLEDライトが付属した「マネージャーライトWL」ってのがあるらしいのね。なんか、早まったかなあ…。ミニシリーズもなかなか奥が深いです。



プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。