• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紙白アップデート

ほんのしばらくキンドルホワイトペーパー(初号機)をほったらかしにしていて、久しぶりに開いてみたら、アマゾンから新しい初号機向けソフトウェアのアップデート案内が届いていた。さっそく組み込んでみたら、倍ほどパワーアップしたその実感にびっくり!

確かについ最近、紙白のニューバージョンが世に出てるのは知っていた。俺の愛用する初号機(2012モデル)はもう時代遅れなのか、とヒガんでいたのだが、どっこいアマゾンは見捨てていなかった。ちょっとは見習え、マイクロソフト!!

具体的に今回追加された機能というのは、ニューバージョンの紙白でも目玉になっている様々な機能がほとんどそのまま適用されているわけで、初号機のスペックが新型紙白に遜色ないレベルまで底上げされてしまった。ウレシイ。辞書機能と単語帳の充実、ページフリップ機能の進化、より紙媒体の感覚に近づいたページ移動、クラウドとの連携強化、クラウドにおける書架構築(コレクション機能が進化)などが主なところなんだけど、いろいろ使い勝手が増している。あと、我が家には子供がいないから関係ないんだけど、ペアレンタルロックの機能も設定しやすい形で追加されている。

詳細に関しては、デフォルトで組み込まれていた「kindleユーザーズガイド」もまたⅡにアップデートされているので、これをダウンロードして参照するとよい。いろいろ「わー便利だなー」と驚かされる。

ただ、これは俺の紙白ちゃんが初号機であるが故のバグなのか、アマゾンからダウンロードしたいくつかの書籍ファイル(主に青空文庫)が端末側でエラーとなって開けない事故が多発している。本体の容量そのものにはまだまだ余裕があるはずなので、これはおそらく元ファイル側のスクリプトにおけるエラーが原因しているか、又は新しいソフトウェアとの相性の問題なのだと推察する。多分ニューバージョン紙白では何の支障も問題も無く動作しているのであろうが。早いこと、このバグなんとかして欲しいですな。ブツそのものはいたって優れて最高なのでござるよって。

それにしても、モノクロ読書専用端末って、今さらながらいいわぁ~。
久々に、キンドルショップ入り浸りです。


スポンサーサイト

キンドル紙白のコンテンツ

音楽なんかの場合でもそうだけど、携帯して楽しむためにはコンテンツを入手しなけりゃならない。これは書籍リーダーの場合でも同じこと。いわゆる、電子書籍ですな。

電子本というのは、欧米ではすでに確立した分野で、ありとあらゆるコンテンツがネット経由でダウンロード可能となっている。しかもその価格が驚くほど安い。ここのところがワシらと違う。
我が国の場合は紙媒体の時代から再販価格制度というのがあって、著作権の扱いが諸外国とかなり様相を異にする。大手新古書販売チェーンが隆盛した折りクローズアップされた問題が、電子書籍の登場でまたもぶり返しているわけだ。

ただ、日本の本が欧米諸国に比べ割高なのは今に始まったことでなく、我々のようにただただ、本が読みたい読者としては、ハードカバーの新刊書より多少なりとも安価であるところの、電子書籍の存在は実に魅力的に思えるのですな。ダウンロードしてすぐ読めるし、しまう場所にも苦労せんで済むし。おまけに紙本よりちょっと安い。これイイじゃん、ってことになるわけだ。

そういうわけで、新刊書を買ってきて裁断してスキャンする、いわゆる「自炊」してまでわざわざ、ってのはちょと違うんじゃないの本末が、とも思うわけで。

今うちに在る本をことさら自炊して電子化する、というのもまた少し違うんじゃね?
昔からある本は大事にすればいいし、いらなきゃそれこそ古書店に引き取ってもらって、あらためて電子本をダウンロードすればいい。

まあ、確かに電子書籍に対応している出版社がまだまだ少ないつー実状もあり、既存のコンテンツの電子化も遅々として進まん現状も問題ですな。これはおいおい改善されゆくのを楽しみに待つよりないですかね。

あと、キンドルはPDFファイルにも対応してることはしてるんだけど、どうしてもサイズが重くなるし、スキャンしてPDFにした紙面は意外とかすれて読みにくい。それだったらちゃんとキンドルに合った軽めのファイル、.azw3や.txtや.mobiなんかの方がフォントもくっきり出て読みやすい。

Amazonのキンドルストアには対応の電子書籍がすでにかなりの量揃ってる。キンドル本なら比較的安く入手できるしね。

それと、キンドルストアには読書人の頼もしい味方「青空文庫」のコンテンツが長編・短編・国内・国外問わず続々ラインナップされつつある。これは青空文庫の精神に従い、基本タダ。無料。ダウンロード価格0円です。
すでにパブリックドメインとなっている名作が、もうかなりの量、電子化されていて、学生時代に読んだ思い出の名著を、久しぶりでじっっくり味わうのもまた一興。

同じ青空文庫の短編連作やシリーズもの、詩や童話などをやはり合本にしてアップロードしてくれているサイトもあります。

お奨めは呑天さんという方が管理されている「曇天文庫」というサイト。青空文庫の補完的役割を担っておられるところで、むろんダウンロードは無料。
合本ラインナップは吉川英治「宮本武蔵」全巻、宮沢賢治の童話集、岡本綺堂「半七捕物帳」シリーズ全作、ユゴー「レ・ミゼラブル」全巻などバラエティに富んでます。北大路魯山人の美食エッセー83編をまとめたものなんかもあって楽しい。
曇天文庫のファイルはキンドル対応の.mobiファイルの他、KoboやSONY向けのものなど数種類用意されているというありがたさ。

キンドル紙白では作品をひとまとめにして管理する「コレクション」という機能があるわけだが、これはフォルダとは異なる、いわゆる「プレイリスト」なので、やはり合本としてコンテンツが提供されるのは大歓迎なのであります。



キンドル紙白 3

キンドル紙白のディスプレイは液晶じゃないのですな。独自の「e-インクスクリーン」は液晶画面のように明るい日差しの下で読めなくなることがないばかりか、バックライトの働きで暗い所でも読める。
しかもこのバックライトはスクリーンの真裏ではなくディスプレイの下辺から画面全体を照らす仕組みになっていて、目に直接光が当たることがない。間接照明の発想ですな。つまり長時間読書をしていても目が疲れるということがないわけね。
ライトの明るさはもちろん好みで調節できるようになってるから(25段階)、周囲の光量に合わせて最も読みやすい輝度が得られるわけだ。すごいねー。
スマホなんかはどうなっておるか知らんが、たとえば自分の使っているガラパゴス携帯のディスプレイなんぞ、せいぜい3段階の輝度調節しかできん。

紙白のフォントは液晶のドット文字とは比較にならないなめらかさ、というか紙媒体の印刷活字と変わらないですぞ、これ。(解像度212ppi)
おまけにフォントの大きさがいつでも自由に変えられるので、視力にかかわらず快適な読書が楽しめる。ワシのガラケーはこれまた3段階のみで、融通が利かないったらない。

で、紙白の画面サイズだけど、これはちょうど文庫本1ページくらいの大きさ。読書のサイズとして実に手頃。ケータイ小説みたいにちょこまかスクロールしないでもぱっと1ページ分が目に入る大きさですな。これで文字サイズも自由に変えられるから、さらに使い勝手は良くなる。

ただし書籍によってはレイアウトの都合上、著作者の指定するフォントサイズやフォントデザインというものが存在する場合もある。そういうコンテンツの場合は、ちゃんとオリジナルフォントに切り替えられる機能もついているのがキンドル紙白のえらいところ。

そういえば、先日引っ越しの際に書庫を整理していたら、学生時代に古本屋で購入した、茶色く変色した文庫本が出てきた。開いてみて、その活字の小ささに驚いた。昔はみんなこんな小さい字で読んでたんだよな。これじゃ、視力が衰えたら眼鏡やルーペのお世話にならざるを得ないよな。
最近の本は文庫でもハードカバーでも、やたら字がでかい。
読みやすいのはいいが、その分ページ数も増えて、それが紙媒体の本の価格高騰に関係して来てる。目方も重くなるし、昔ならたとえば文庫一冊で済んでいた作品が、上中下三分冊なんてことにもなるわけだ。ますます電子書籍のありがたみが増すわけだね。

さてキンドル紙白には無論ブックマーク機能もついていて、これはリアルの紙の本でやるように、ページの角をタップして折り目をつけるという芸の細かさ。ページの移動はメニューを呼び出して簡単に任意の章やブックマークポイントに行き来できる。実に、紙媒体の本を読んでいる感覚でストレスなく読むことが可能なのですな。さすが、本屋さんのこしらえたリーダーだ。

しかも紙媒体の本と違って、片手で読める。これがイイ。吊革につかまって読むなんて場面でも、ページめくるのはキンドル紙白を持っている方の手の親指をひょいと伸ばして画面をちょんとタップすれば次のページへ進める。いちいち吊革から手を放す必要が無い。
駅に着いたらそのまま電源を切ってバッグにしまえばいい。切らずにしまってもしばらくしたら勝手にオフになる。次回起動したときは読みかけのページが自動的に立ち上がる。いたれりつくせり、感謝感激でござる。

気になる駆動時間だけど、モノクロ画面で余計な機能を一切省いて、徹底的に省電力を貫いた結果、(ワイヤレス接続をオフにした状態で1日30分使用の場合)8週間(8時間の間違いじゃないよ)もの長きにわたってバッテリーが持続するのだと。8週間だよ8週間。まあ、長めに使ってせいぜい1日1~2時間読んだとしても、普通の旅行なら充電器もなにも持ち歩く必要ないわけですよ。
あくまでWi-Fiのワイヤレス接続をオフにした状態での参考数値だけど、考えてみたらワイヤレス機能なんてアップデートやダウンロード以外で使うこと無いわけだし、普段は接続を切っておいて差し支えない。(機内モードに切り替えれば接続は簡単に切れる)そもそもメール機能も何も無いんだから、待ち受け状態意味ないわな。

ちなみにディスプレイのライトはほとんど電力消費には影響ないとのこと。

充電はPCにUSB接続するだけで自動的に開始される。電池切れ状態からだと概ね4時間でフルパワー充電完了。電灯線からの充電用アダプターも別売されているけど、すでに述べたように普通の利用状況なら、よほどの長期滞在でもない限り、同梱のUSBケーブルだけで事足りると思う。まあ、あればあったで安心ですが。



キンドル紙白 2

さて、kindleの使い心地だが、これが想像以上にイイ!

購入したのはpaperwhite(以下、紙白)というモデルで、最新のカラー液晶でも3G自動接続でもなく、WiーFi接続オンリーの簡易版。名前の通り白い紙面に黒文字一色シンプル画面。出来ることは読書とキンドルストアからのコンテンツダウンロードと辞書検索のみ。(お試し版の簡易ブラウザがあって、グーグル検索やウィキペディア検索なども出来るけど)普通のネット通販もテレビ電話も音楽ダウンロードもメール送信も出来ない。

しかし出先でテレビも観ないしゲームもしない、ひたすら読書オンリーの自分には、むしろこの潔さがありがたい。

サイズ的には縦169ミリ、横117とB5ノートよりふたまわり小さい。厚みは9ミリ強と、1センチに満たない。重量も213グラムでこの薄さだから、片手で持って読書をしても疲れない。

容量は2GBとなっているが実質使用可能領域は1.25GBとか。しかし書籍ファイルを自炊のPDFとかでなく、軽いテキストファイルやキンドルファイルにしておけば、これは相当量の本がしまい込めるのだ。(基本的に自炊など面倒なことはしない主義なのでこれも無問題)

もちろん蔵書は一度に持ち歩いてもいいが、アマゾンのクラウドにストレージスペースが借りられるので、必要なファイルをその都度ダウンロードして読めばより快適に利用できるはず。

同じ紙白でもWiーFiのみのバージョンと3Gも搭載しているバージョン2種類が用意されており、当然3Gじゃない方が価格も安い。で、一番安価な紙白にしました。
最近は接続可能なスポットも増えていることだし、3Gで繋ぐよりWiーFiの方が遙かに経済的でもある。
ちなみにWiーFi経由のダウンロードは恐ろしく早い。キンドルストアに紙白から直接アクセスして、試しに青空文庫の漱石「吾が輩は猫である」キンドル版をダウンロードしてみたら、1分しないうちに最初のページが開けた。

肝心の画面の見栄え、読み心地だが、何度でも言おう。これ、イイ!

携帯で本を読むのに抵抗があるんだけど、電子書籍の魅力にも興味あり、って人は、最初に手にする電子書籍リーダーとして、キンドル紙白が超おすすめ。

詳しいスペックはまたあらためて書くとして、もう一つおすすめなのがインナーケース。
Amazonの純正としては革のカバーがでているのだが、どうも今のところ大げさで重いと不評をかっているようですな。

俺が購入したのは、あくまで「インナーケース」つまり、鞄など荷物の中にキンドル紙白を放り込む際、これを保護するためのカバーなのですな。エレコムの製品です。薄べったいウレタンの袋にゴムのリングがついているという非常にシンプルな造り。自分的には価格も安いし、実際に読むときは本体のみ取り出して読めるから、紙白の軽さ・コンパクトさを損なわず、とても快適。大変気に入りました。

ただ、このゴムのリングが「ゴム臭い」と、一部に不評を買っているようなんだが、だってゴムなんだし、最初は匂うのがあたりまえ。今日びの若い人たちはこういうのも「欠点」として見てしまうのですなあ。そういえば、ポメラのケースも革臭いとか文句言ってる人がいたよね。自然の香りを抜いたり、人工的な香りを着けたり、そういう文化がすっかり根付いてしまった今どきの感覚なんだろうね。

そういえば昔の紙媒体の本って、新刊書の匂いがすごく癖になるというか、あれって紙とインクの匂いの複合的なものだったんだろうけど、今どきの本はあんまり匂わないよね。




キンドル紙白 1

超おひさ。

さて、私事ですが、ちょっとした空き時間に何もせず、ぼうっとしていることができない。おとなしく時の過ぎるのを待っていることに耐えられない。貧乏性のなせるわざなのか、常に何らかの暇つぶしアイテムというのが不可欠になる。

携帯音楽プレイヤーやゲームもいいが、自分は断然、読書派だ。
特に慣れない路線に乗っている時や、病院の待合室などで呼び出しの順番を待っている場合など、イヤホンはまずい。必然、どこへ行くにも本を持ち歩くこととなる。
さて、この本というものが、荷物としてはかなりの重量となる。買ったばかりの文庫本一冊、ということならば、ある程度の時間はつぶせるだろうが、問題は読みかけの本を持ち出す場合である。特に複数巻にわたる連作長編となると、二冊以上携行せざるをえない。旅行など、なるべく荷物を軽くまとめたい長距離移動の際など、これはなかなか悩ましい問題となるのだった。

こういう時こそ電子書籍の出番であろう。同時に携行可能なコンテンツの分量では、圧倒的に紙媒体を凌駕する。本棚まるごと持ち歩くことが可能なのだ。
では、電子書籍のリーダーとして何を選ぶか。そこが悩みどころなのである。

大多数の人はここで「スマホでいいじゃん」となるのだろうが、ぶっちゃけ携帯ゲームには興味ないし、現在使っているガラケーはメールと写真にしか使っていないのが実状だ。
読書用途にしても、雑誌や新聞、コミック程度なら携帯でもいいんだけど、小説となるとどうも画面が小さすぎて読みづらい。かといってiPadまでいくとちょっと大げさというか、本さえ読めたらいいわけだし…とまあ、悩みはつきないのである。

片手で楽に持てて携帯よりちょっと大きいサイズのリーダー、ということだと、これまでもシャープやSONYなど各社から出ていたのだが、いまいち互換性とかPCネットとの連携の点で「おしい!」の連続だったんだよね。

とか言ってたらAmazonのキンドル・ペーパーホワイトが値下げになったもんだから即買いました。

今日届いたので早速試してみます。


プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。