• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プログレッシブロックという音楽 3

プログレッシブロックという括りで、ジェネシスというグループはまず外すことの出来ないバンドである、というのは、今でこそ誰もが認識するところであろうけれど、欧米はともかく少なくとも日本では、しばらくイエスやピンクフロイド、EL&Pやキングクリムゾンの影に隠れて、その他大勢のヨーロッパプログレ系バンドという扱いだったのではないだろうか。

むろん、マニアや評論家の間では大絶賛だったわけだけれど、何しろ初期から中期にかけてのジェネシスのメインボーカルを務めていたピーター・ガブリエルという人の声が、あまりにもドスが効いていて、アクが強くて、正直怖かった。それは耳触りの良い他のプログレバンドのボーカル陣とは明らかに一線を画していた。

特にドラムにフィル・コリンズを迎えてからの一連の作品、「ナーサリー・クライム」「フォックス・トロット」「ライヴ」「セリング・イングランド・バイ・ザ・ポンド」「ザ・ラム・ライズ・ダウン・オン・ブロードウェイ」におけるガブリエルの声は、もはやロックボーカルの範囲を超えて、暗黒舞踏やアングラ演劇の世界に逝ってしまっているわけ。

普通なら「ドンビキ」という事態になるわけだが、これを支えるバンドサウンドがあまりにも凄い。ベース・ドラム・キーボード・ギター、そのどれもが超人的テクニックを駆使しつつ、ボーカルと歌詞の世界をしっかりと支えているそのアンサンブルの心地よさは、むしろオペラの世界に近いものがあったのですな。それもモーツァルトやなんかの楽しくて軽いやつじゃなくて、ヴェルディの重さとプッチーニの超絶技巧とワグナーのとてつもなさを兼ね備えているという恐ろしさ。

ガブリエルの声というのはとにかく「肉声」という感じがもろ伝わってくる迫力のある声質で、おそらく人によって好き嫌いが激しいと思うのだが、アンサンブル全体としての気持ちよさ、異常なかっこよさを体感してしまうと、だんだん「この声でなければ」と思えてくるから不思議な、一種の麻薬的ボイスなのですな。声優さんで言うと、大塚周夫さんや富田耕生さんなんかが自由自在に歌いまくっている感じ?要するに迫力のあるおっさん声とでも言うんですかの。

バンドアンサンブルはおそらくEL&Pやイエスより高度かもしれない。録音技術についても凄みを感じる。音空間の構築の仕方というか、そのセンスの凄さですね。

言い方がちょっとあれかもしれないけど、ザ・ビートルズのサージェントペパーズの世界をとことんまで展開したのがジェネシス世界、なのかもしれない。

これだけ緻密な音創造を続けていれば、毎日すき焼きか焼肉喰い続けているようなもので、いずれ各々のフラストレーションも溜まろうというもので、もっとシンプルにボーカル世界を構築したかったガブリエル本人が、より緻密で超絶的なバンドアンサンブルへと歩みつつあったグループから先ず離れてしまう。残されたメンバーはフィル・コリンズをボーカリストに立ててバンド存続するのだが、これはコリンズの嗜好が表に出てどんどんポップ化していったため、ギターのスティーヴ・ハケットが次に抜ける。その後のジェネシスが、おそらく今のほとんどの人が認識している「ちょっと変わったポップグループ」のジェネシスだ。

ガブリエルが抜けたとき、ほとんどのファンは「ジェネシス終わった」と思ったわけだが、何とフィル・コリンズの声がガブリエル系の声でしかもキーまで同じだったので、まるで問題なくボーカル交代が成されてしまった。ただし、コリンズの声はガブリエルに比べてずいぶん乾いてはいるのだが。

それにしても、ジェネシスのメインボーカルが代替可能であったというのは、ファンにとっては結構衝撃だった。ルパン三世の声が山田康雄さんからクリカンに変わったのとはずいぶんニュアンスが違う。もっとも、クリカン=ルパンは今や鉄板だし、逆にフィル・コリンズの方が現役引退を宣言してしまった。

いずれにせよ、あの路線の声というのは、ピーター・ガブリエル、フィル・コリンズの他、スティーヴィー・ウィンウッドやスティングなどにも共通する、いわゆるハイキーのスモーキーボイスなのである。(他にもメン・アット・ワークのボーカルの人とかいたね)

その中で、初期ジェネシスのピーター・ガブリエルの声は一番「濡れていた」と思う。それは彼がソロになって、結構ポップな曲でヒットチャートに顔を出すようになっても変わらない。

スポンサーサイト

プログレッシブロックという音楽 2

自分は実はNHKの大河ドラマのファンでして、これは要するに日本史を含む歴史そのものが好きなのですな。

で、日本と世界がリンクしていた時代ということで、特に中国隋唐の時代に呼応する日本の飛鳥時代、それに連なる平安時代、そして徳川中期を経て幕末から明治の時代というのが実にロマンティックで魅力的なのです。

これらの時代の日本人は基本「攻めて来たら討ち取る」というのがあたりまえですから、今どきの政府のようにぶれることが無い。友好的に付き合うのであれば交易をいたしましょうという、まあ、そういうことですな。ひじょうに解りやすい社会を見せてくれるという事で、こうした時代劇は楽しいわけです。なんで、こういうふうな判りやすい政治家がいなくなってしまったのでしょうな。

それはさておき、年々、NHKの大河ドラマの視聴率が下がっておるという話を聞いたわけですが、そりゃ受け取る側に、素養が無いというのが一番の問題ではないでしょうか。現政権の歴史教育、もうすこしなんとかなりませんかね。

で、今やってる「平清盛」なんですが、これの音楽をやってらっしゃる吉松隆さんというのは、もともと皇室にゆかりの役職に連なる方なんだそうですが、本人は映画音楽の巨匠・松村禎三の弟子として現代音楽分野で研鑚を積まれたそうで、オペラ、交響曲、協奏曲、ピアノ曲など多くの作品を送り出している凄い人です。

で、この人が実はプログレッシブロックのマニアで、特にキース・エマーソン率いるエマーソン、レイク&パーマー(略称ELP)のファンで、近年このELPの名盤「タルカス」をそのままクラシックアレンジでCDにカバーしてしまったのですな。

これが異常に凄い出来で、NHKのプロデューサーが今回の「平清盛」のサウンドトラックを製作する際、吉松氏に依頼するきっかけとなったようです。

そのあたりの経緯はオフィシャルサイトに譲るとして、大切なのは番組開始以前のトレーラーにも吉松版「タルカス」が使われていたばかりでなく、作品本編にも「タルカス」のメインテーマ「噴火」「マンティコア」が大胆に用いられていたということ。これが映像作品世界とあまりにも見事に融和していて、まあ観ていて気持ちよかったのですな。

このELPという人たちは、元々ブリティッシュロックの先鋭的なブルースバンドやジャズロックバンドの中でも「うますぎて浮いていた」人たちが集まって結成したという、いわゆる「スーパーバンド」「スーパーセッション」的な企画バンドだったわけですが、たとえば同じ企画スーパーグループでエレクトリックブルースバンドとして一時代を築いたクリームなどに比べると、可能性のすそ野が広かったのでしょうな。ロックとジャズとクラシックはどのように共存していくのが正しいのか、というテーゼまでを、このグループは提示してくれたのですな。これは今のポップス全般や映画音楽の手法として、目立たぬ形ではありますがしっかり受け継がれていると思います。

ELPのアルバムとしては海賊版から派生したという伝説のある「展覧会の絵」が日本では一番人気ですが、やはり「平清盛」のサブテーマを含む「タルカス」はかっちょえーですよ。その他のアルバムも、機会があればぜひ体験するべき傑作ぞろいです。

さて、このバンドでベースとボーカルを担当してるグレッグ・レイクという方は、あの伝説的名盤「クリムゾン・キングの宮殿」でボーカルを務めておられた、初代キング・クリムゾンのベーシストでもあります。ジョン・ウェットンに比べると、声が濡れているというのか、例えるなら江原正士と山寺宏一の違い、みたいな? かえって判りにくい? ピーター・ガブリエルとフィルコリンズのどっちが好き、みたいな話にも通じるみたいなんで、そのへんは次回、ジェネシスの話題に譲ります。

プログレッシブロックという音楽 1

自分が昔バンドをやっていて、特にそのジャンルがプログレだった関係で、今でもこのジャンルのものは大好きなんですよ。

プログレッシブロックって言っても、今の若い人はあんまり知らないのかな。JPOPはあらゆるジャンルを包括してしまっていて、それこそヒップホップだろうがオルタナティヴだろうがテクノだろうが、すべて包含してしまって、要はカラオケで歌えるか、ダンスが踊れるかという、まあそのあたりを基本にして、あとはどれだけメッセージを込められるかという、そこに命かけてる感じだもんね。

特に日本のポップスですごいのは、歌詞に異様なほど意味を込めようとして苦しんでいるところ。

欧米のポップスって、一部のミュージシャンを除いて、それほど歌詞、重視してません。欧米ロックの根幹が黒人ブルースを基調にしていた関係もあると思うけど、もっと生活に密着した、日本で言えば田植え唄とか、馬追い唄とか、船頭唄とか、子守唄とか、夜這いの唄とか、要するに労働歌を基本にした歌詞ばかりだったのですな。

そこらへんはヨーロピアンロックと出だしは変わらない。ただ、日本ではその流れは演歌や歌謡曲やフォーク(ニューミュージックの祖としての)に行っちゃったこと。

イギリスを中心としたヨーロッパではそこにクラシックを基本にした音楽性と、伝統の演劇文化をまぜこぜにして「プログレッシブロック」なるものを生み出してしまった。

この世界では文学性も重視されるので、それまでのポップスとはがらりと変わって、なんだか文芸の香りのする芸術的スタンスというものが加味されて来たわけですな。

プログレッシブロックという言葉、ジャンル呼称については、1970年代に、ピンクフロイドの日本での販売権を持っていた東芝EMIの担当プロデューサーだった石坂さんが、LPレコードのタスキに記入するジャンルのために生み出した造語だったという説が有力ですな。
ネットを見ると、現在では欧米でも「Prog Rock」として定着しているみたいです。

ただ、このジャンル、あまりにもその包括する世界が広すぎて、どの研究家もそれぞれに持論を主張していて、いまいち決定版と呼ぶべき分類がなされていないのが実情。

その中でも、1960年代末~1970年代にかけ絶大な人気を得た一部のバンド、すなわち前出のピンクフロイドに加え、キングクリムゾン、ジェネシス、イエスをして「正統派プログレッシブロック」と称されているようですね。まあ、拙者もこれに関して依存ありません。

それぞれのバンドはメンバーチェンジなどもあって、実に息の長い活動期間を過ごしておりまして、これが代表作、というのをチョイスするのはなかなか難しいのであるけれど、あえておすすめバンドの名盤を選ぶという暴挙に出てみた!

まあ、これ聴いといたら「ぼく、プログレって結構知ってるー」と威張れるかもしれないかもしれないし。(それだけマニアックなチョイスってこともお含みおきください)
本当は他にも名盤いっぱいあるよ!それはまたおいおい。


プロフィール

jnaoki

Author:jnaoki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。